萌えなのに怖い!?『がっこうぐらし!』ゾンビが蔓延る世界と萌えキャラとのギャップがいい!

萌えなのに怖い!?『がっこうぐらし!』ゾンビが蔓延る世界と萌えキャラとのギャップがいい!
     

考察が絡んだ漫画が大好きです。
謎解き、紐解き、伏線考察という言葉にはワクワクします!

登場キャラはみんな可愛いのに、彼女たちが生きるのはゾンビが蔓延るデンジャラスな世界。

死と隣り合わせの中、文明を崩壊させた原因を突き止めるため彼女たちは決死の覚悟で歩み続けます。

今回は、世界観とキャラクターのギャップで人気の漫画『がっこうぐらし!』をご紹介します。

『がっこうぐらし!』とは

 

引用元:Comee.net

『がっこうぐらし!』は、海法紀光原作、千葉サドル作画によるサスペンスホラーで、2012年から「まんがタイムきららフォワード」で連載されています。

主人公となる3人の女子高生が暮らす街で、ある日パンデミックが発生し、文明が崩壊してしまいました。
周囲がゾンビだらけになる中、生き残ったのは3人と教師のめぐねぇだけでした。

4人は学校で生活しながら、少しでも現実を忘れるため、”学園生活部”を立ち上げます。
その後、ピクニックを称した物資調達で、ひとりショッピングモールで生き延びていた女子高生の美紀を発見し、学園生活部の一員として迎えました。

全員可愛い!主要キャラをご紹介

 

出典:TVアニメ『がっこうぐらし!』公式Twitter

丈槍 由紀(たけや ゆき)愛称ゆき

”丈槍ゆき”は、巡ヶ丘学院高校3年生で猫耳帽子を被っているのが特徴です。

天真爛漫な少女で、ゾンビ世界にショックを受け幼児退行し、現実逃避をしています。

現実に引き戻されていくようになると、これまでの性格が一変し頼りがいのある存在へとなっていきます。

胡桃や悠里とは同級生なのに、なぜかひとりだけ制服の色が違っているのも謎のひとつ。

恵飛須沢 胡桃(えびすざわ くるみ)愛称くるみ

”恵飛須沢胡桃”は、元陸上部で学園生活部の格闘担当をしています。

好きだった先輩が目の前でゾンビ化し、近くにあったシャベルで始末して以降、武器にはシャベルを使用しています。
肌身離さず持ち歩いているため、今や胡桃のトレードマークとなっています。

18話でゾンビに噛まれ、生死を彷徨いましたが、美紀が尽力して手に入れたワクチンのおかげで一命を取り留めました。

若狭 悠里(わかさ ゆうり)愛称りーさん

”若狭悠里”は、学園生活部の物資担当で、みんなのお姉さん的存在。

しっかり者で冷静な反面、追い詰められると平静を装うことが出来ずパニック状態に陥ることも…。

感情を表に出さない分、精神的な部分では、由紀の明るさに助けられているとことがあります。

直樹 美紀(なおき みき)愛称みーくん

”直樹美紀”は、友人とショッピングモールに出かけているときにパンデミックが発生。

当初は、数人のグループで避難していましたが、次々に感染が広がり、ついに友人と二人だけ生き残ってしまいました。
脱出することも出来ず、狭い部屋での生活に耐え切れず、外に出た友人も行方不明。

その後、由紀たちに救出され学園生活部の一員となりました。

佐倉 慈(さくら めぐみ)愛称めぐねえ

”佐倉慈”は由紀達の学校の現代国文の女性教師。
生徒達からは「めぐねえ」と呼ばれている。

パンデミック後、みんなで生き残るために学園生活部を作り、顧問として由紀たちを支えていました。

何度となく描かれている彼女の過去シーンには、物語の謎を解く重要な鍵が隠されていることも…。

人気急上昇の理由は作品の特徴にある!

登場キャラ全部が可愛い!

本作の特徴は、登場キャラ全員が可愛らしいということ。
高校編から大学編と繋がっていきますが、大学編の女子大生もキュートな女子ばかりなのです。

由紀の幼児っぽさも、ボーイッシュな胡桃も魅力的ですが、特にファンの間では、美紀のガーターベルトに目を引いています。

可愛いだけじゃない、ちょっぴりセクシーな一面も人気の理由です。

絶望的な世界と萌えキャラのギャップが魅力

本作の可愛さはもちろんですが、絶望的な世界で生きる萌えキャラとのギャップも魅力のひとつ。

それだけに、彼女たちが必死で生きぬこうとする姿がより強く印象付けられ、まるで今目の前で起こっているかのように、ハラハラしながら見守ってあげたくなるのです。

また、キャラの可愛さが恐怖感を和らげてくれるので、ゾンビやホラーは怖くて苦手という方でも安心してご覧頂けるのではないでしょうか。

すべてが謎だらけ!高度な仕掛けにタジタジ

そして本作最大の魅力は、所々に貼られた伏線。

なぜパンデミックが起こったのか、なぜ生存できる空間や物資が保管されてあるのかなど、この世界すべてが謎に包まれています。

漫画内の絵でも、同じような絵で場所は同じ、でもよく見ると時間経過が違っていたりとよく見るとわかるようなものから、考察しがいのある多くの謎が最大の魅力なのです。

また、単行本の巻末に何気なくヒントが載せられていたり、単行本のカバーを外すとヒントが現れたりという、細かな仕掛けもファンの心を揺さぶります。

まとめ

明るく元気に過ごすキュートな彼女たちの背後にはゾンビ…というギャップを是非ご堪能ください。

あらゆるところに隠されている伏線を発見するのも楽しいので、単行本でも巻末の確認や、カバーを外すことも忘れずに!

 

オススメ紹介カテゴリの最新記事