これはまぎれもないクソ漫画ッ! 『ぼくらのペットフレンズ』をお勧めする3つの理由

これはまぎれもないクソ漫画ッ! 『ぼくらのペットフレンズ』をお勧めする3つの理由
     

サブカルクソ研究者。
英文学・言語学・メディア記号論を専攻。
新聞社を退職後、翻訳補助を通じて総合文化研究に携わるも、中の人がどオタクであった為に、研究対象は漫画、アニメ、ゲーム等に限られる。Twitter→@semiotics_labo

   

『BLEACH』より『PSYREN』、『銀魂』より『SKET DANCE』を愛してやまない。
B級漫画ソムリエ・筆者が今、最もお勧めしたい漫画はこれだ!

 

『ぼくらのペットフレンズ』ッ!!

 

作者・人生負組。

勝つ気が微塵も感じられない堂々としたペンネームの作者自身が、「クソみたいな漫画なのだ」と目次のページで紹介するほどのぶっ飛びよう。

『ポプテピピック』のようにクソを標榜した作品とは一線を画す、まぎれもないクソ漫画です。

今回は、『ぼくらのペットフレンズ』の面白さを存分に語っていきます。

『ぼくらのペットフレンズ』はここが面白いッ!

世界観が適当ッ!

この漫画の内容を説明する前に、まずは1巻の表紙をご覧下さい。

引用元:Comee.net

紫と黒の毒々しい色が波打つ、見る者に不安を感じさせる模様に、一心不乱にダンゴムシを食うネコ耳の少女

一目で「やばい」と分かる圧倒的な説得力によって、購買への食指が動かされます。

表紙を開くと、ペット1(第1話)からネコ耳少女・”ブリュンヒルデ1世”が、最初のフレンズ・変態のおじさんと出会い、お互いにパンツを履いてないんだねと親睦を深め合ったところで、

 

「みんなのペットフレンズはじまるよ!!」

 

と、タイトルコールを間違える(ぼくらの、が正解)。

 

すごい、何だこれは。

 

ペット6では、この漫画の世界観が、

ここはジャパリ夢の都トーキョータウン!!
ここではペットになった動物は自由に人の姿になれるのである  

引用:人生負組『ぼくらのペットフレンズ』 23頁

わずか1コマで説明され、訂正線で消されているものの、大ヒットアニメ『けものフレンズ』の人気にあやかって創作された世界である事が1秒でバレる有様です。

ジャパリパークのような練りに練られた構想もなく、ただ、

「作者が描いてて楽しいから」

引用:人生負組『ぼくらのペットフレンズ』 4頁

という理由でペットの動物が人間になるこの潔さ。
こんなにも割り切って描かれてしまっては、楽しさが読者に伝わらないはずがありません!

浅い知識で生み出されたキャラ達ッ!

『ぼくらのペットフレンズ』には、個性的なペット達が登場します。

ペット14に出てくる、ウサギの”ピーター”が特にひどい。

「ウサギは性欲が強い」という

ネットで聞きかじったような知識で、

地球に腰を振るキャラを生み出し、前述したパンツ履いてない変態のおじさんと絡ませる、有害図書指定まっしぐらの行為に、出版元のKADOKAWAの懐の広さを感じさせます。

キャラ名もおそらく、イギリスの名作絵本『ピーター・ラビット』から。

浅い、浅すぎる。

その後も「ネコはマタタビが好き」という広く知られた知識から、ネコ耳少女がマタタビをストローを使って鼻から吸引するという、コカインを摂取するかのような描写を重ねる(マタタビには長時間の持続性は無い)など、単純かつ強烈なシーンを畳みかけてきます。

真面目に描かかれているストーリー漫画の場合、浅さを晒してしまうと読者は離れていくでしょうが、作者がクソだと認め、読者もバカバカしいと共有されている漫画だと、こういうインパクトのある切り取り方は非常に効果的。

クソさを逆手に取った、巧みな笑いであると言えます!

その場の勢いだけで展開ッ!

『ぼくらのペットフレンズ』は、KADOKAWAが運営する「ComicWalker」で全話無料で読めます。

現在発売されている単行本はペット24までが収録。
そこから先はペット64まで続いています(2018年4月現在)。

その中で特に面白いと感じたエピソードをご紹介しましょう。

ペット27
「ネコが高所に登って降りられなくなる」あるあるネタを勢いだけで4ページやりきる

ペット28
前話の続き、鳥の新キャラを出して即座に使い捨てる

ペット32
公園の遊具で脳みそがとろけるまでズッコンバッコンする。
(2巻が出るとしたら表紙はきっとこれ。)

ペット43
ウサギのピーターが公園のベンチの隙間に腰を振っている所に遭遇。

ペット62
ウサギのピーター再び、ベンチに突っ込む時の効果音は「ドゥルルルルル」

近所の公園だけでもこのテンション、『ボボボーボ・ボーボボ』のハジけ祭以来の勢いです。
それを半年間も継続しているのが驚嘆に値します。

作者の「描いてて楽しい」を包み隠さず、変態おじさんのように全てを出しきっているのがこの漫画の面白さだと言えるでしょうか。
商業誌では出来ない、ウェブコミックサービスだからこその攻めの姿勢が特徴です!

まとめ

『ぼくらのペットフレンズ』のご紹介、いかがでしたか?

この漫画、実は4月7日のペット64の更新を最後に休載しているのです。
作者・人生負組(@jinnseimakegumi)のツイートによると、一旦打ち切りになってしまったようで…。

 

 

『ポプテピピック』みたく社屋を殴りに行く際は同行しますぞ…!

 

ただ、PixivFANBOXにて『ぼくらのペットフレンズRe』の不定期連載が決定したようです!

 

 

単行本が売れたら「ComicWalker」での連載も再開されるかも知れない、
との事ですので、B級漫画ソムリエの皆様には是非とも応援して頂きたいと願っております。

 

オススメ紹介カテゴリの最新記事