子供に囲碁ブームを起こした『ヒカルの碁』。囲碁を知らない人を楽しませる工夫がすごい!

子供に囲碁ブームを起こした『ヒカルの碁』。囲碁を知らない人を楽しませる工夫がすごい!
     

自分のブログhttp://www.kujoyugo.com/)で漫画考察記事を書いています。
子供の頃からたくさんの漫画を読み漁ってきて、コミックスの買いすぎで実家は漫画喫茶状態でした。
同じ漫画好きであるみなさんのお役に立てる記事を書いていきます!

   

ほったゆみ(原作)、小畑健(漫画)の作品で、少年漫画としては珍しく囲碁を題材としており、アニメ化を果たすほどの人気連載となった作品です。

当時は囲碁ブームと呼ばれるほど、本作の影響で子供たちの間に囲碁が流行しました。

週刊少年ジャンプの年齢層だと、囲碁のルールを知らない人も多いでしょう。
筆者も囲碁の知識はほとんどありませんが、本作はとても大好きな漫画のひとつ。囲碁を知らない人でも楽しませる工夫がすごいのです!

今回は、『ヒカルの碁』が長く愛される作品である理由にせまります。

少年誌に、囲碁という特異なジャンル

週刊少年ジャンプはアンケート至上主義と言われており、連載開始しても読者からのアンケートで人気を獲得できなければ、すぐに連載打ち切りとなってしまう厳しい世界。

作品自体がいかに面白くても、そもそも読まれなければアンケートの票は得られません。
その点、囲碁という珍しいジャンルを取り扱っている時点で、本作はやや不利だったと思います。

ジャンプ読者には囲碁を全く知らない子供も多いですから、そういった逆風の中で人気連載作品となったことは快挙と言えるでしょう。

棋士の亡霊が取り憑くことで、囲碁を知らぬまま最強となる主人公

本作の主人公”進藤ヒカル”は、囲碁のルールも知らない小学六年生の子供です。

第一話でヒカルが祖父の倉にあった古い碁盤を見つけた際、その碁盤に宿っていた過去の囲碁棋士の亡霊”藤原佐為”が、突然ヒカルに取り憑きます。

佐為の姿はヒカルにだけ見え、心の中で会話することもできます。
碁をもっと打ちたいという想いにより成仏できない彼は、碁を打つために自分の声を聞くことができるヒカルに取り憑いたのです。

佐為は囲碁が大好きで、飛び抜けた強さを持っている囲碁棋士。
幽霊のため実体がない彼は、自分の指示通りにヒカルが代わりに碁を打つことをお願いしてきます。

ヒカルは佐為の強さも知らないまま、偶然遭遇したプロ棋士たちにその強さを見せつけてしまい、「信じられないほど強い子供」として有名プロ棋士に認識されることになります。

ヒカルが自分(佐為の代わり)の強さを知らないまま最強の棋士となって周囲が騒ぐ展開がとてもワクワクして楽しいのです!

囲碁初心者の読者には碁の盤面を見ても、佐為がどれほど強いのかはよく分からないのですが、それがヒカルと同じ素人目線で見られるのが面白いのですよね。

初心者が地道に成長していく要素も兼ね備える

最初は佐為に打たせて、何も分からないまま子供らしからぬ強さになっていたヒカルですが、徐々に囲碁に興味を持ち、自分でも打つようになっていきます。

ヒカルは初心者なので、作中で他のキャラが囲碁のルールや囲碁界の事情を説明してくれることもあり、囲碁を知らない読者も囲碁のことを学んでいくことができます。

ヒカルは囲碁の才能が飛び抜けており、凄まじい速度で成長します。こういうところは少年漫画の王道的展開と言えますね。

最初は佐為が打つことで「何も知らない子供がめちゃめちゃ強い」という展開を楽しむ作品だったのが、徐々に「才能のある主人公が一から強くなっていく成長物語」という展開にシフトしていきます。読者の興味の惹きつけ方がとても上手いのです。

対局は雰囲気で盛り上げてくれる

作中でルールを教えてくれるシーンもあるとは言え、本作を読んだだけでルールが全部分かるほど詳細には触れられません。

それで対局シーンを読んで楽しめるのか? という点ですが、全く問題なく楽しめるところが本作の魅力なのです。

対局中は専門用語が飛び交って、初心者には何が何だか分からない話をしているのですが、「どちらが有利なのか分かる」「なにかすごいことしている感じがある」という雰囲気はきちんと伝わってきます。

囲碁のルールを知っている人であれば対局の戦況が細かに分かりますし、囲碁を知らない人でも雰囲気で流れが分かるように配慮されているのです。

これが囲碁ブームを起こすほど子供からも人気を得られた最大のポイントでしょう。「囲碁は全然分からないけど漫画は面白い」というのが本作のすごいところです!

まとめ

囲碁という少年誌では人気の得難いジャンルでこれほど人気を出せたのは、工夫されたストーリー構成、演出のたまもの。

「囲碁に興味がないから」「囲碁を知らないから」という理由で敬遠していた人も是非読んでもらいたいです。この漫画はそういった方にこそ楽しめる作品ですよ!

 

ある日小6のヒカルは蔵で古い碁盤を見つける。その瞬間、碁盤に宿っていた平安の天才棋士・藤原佐為の霊がヒカルの意識の中に入り込んだ。佐為の囲碁に対する一途な想いが、徐々にヒカルを囲碁の世界へと導いていく…。

引用元:Comee.net

オススメ紹介カテゴリの最新記事