TVドラマも大ヒット!依存型恋愛漫画『きみが心に棲みついた』の魅力

TVドラマも大ヒット!依存型恋愛漫画『きみが心に棲みついた』の魅力
     
元少女漫画大好き芸人。今はComeeの中の人をやってます。
少女漫画歴22年、生涯で10000冊以上、5000作品以上の少女漫画を読んでいます。
男りぼんっ子です。男目線で少女漫画の魅力を語ります。

TBSの火曜22時枠でのTVドラマ化が記憶に新しい『きみが心に棲みついた』ですが、原作漫画は読まれましたか?

まだ読んでいないという方には是非読んでいただきたい!

TVドラマでは物語が完結していますが、実は原作漫画は今も連載中なのです!
ドラマ版とは違う結末が待っているに違いありません!

ドラマ版でハマった方にも、ドラマ版を未視聴の方にも、この紹介記事を通して原作に少しでも興味を持っていただけたらなと思っています!

『きみが心に棲みついた』ってどんな漫画?

実写ドラマ化!人気シリーズ新装版上下巻同時配信!下着メーカーに勤める小川今日子(おがわきょうこ)は自己評価の低いネガティブ女子。すぐにテンパり挙動不審なため、ついたあだ名は「キョドコ」…。合コンでも暴走して皆をドン引きさせた上、初対面の漫画編集者・吉崎(よしざき)に「つき合ってください!」とすがりつき、突き飛ばされてしまう。そんなキョドコの心を未だ囚えて放さないのは、大学時代の先輩・星名(ほしな)。彼はキョドコが初めて心を許した男であると同時に、キョドコの心を酷く傷つけた男だった。忘れたいはずの星名が、再びキョドコの目の前に現れ――!?

(C)天堂きりん/祥伝社フィールコミックス
引用元:Comee.net

 

天堂きりん作の『きみが心に棲みついた』(新装版 上・下巻)と続編の『きみが心に棲みついたS』(既刊7巻)がTVドラマの原作となっております。

ものすごく端的に言うと《依存型恋愛漫画》です。
ヒロインのキョドコこと“小川今日子”と“星名漣(ほしなれん)”の強烈な共依存を軸に、そこにもう1人のメインキャラクター“吉崎幸次郎”を加えた三角関係が物語の中心となります。
しかし、ただの三角関係ではありません。
キョドコの星名への依存度が深すぎて、爽やかな恋愛とか切ない想いなどのキュンキュンするような恋愛漫画からはかけ離れてしまっています。
でもその深い依存度がもたらす心の闇や葛藤が、何故かクセになる人続出なんです!

応援したくならないヒロイン!?

ヒロインのキョドコは、自分に自信が持てず挙動不審で常にオドオドしていて、でも好きな仕事にやりがいを感じてひたむきに頑張る姿には好感が持てるのですが、恋愛面ではまったく応援できない、というより応援したくない方向に向かってどんどん勝手に堕ちていくんです。

こんないい人が近くにいるのに何故そっちに行ってしまうんだ!?と読者にとっては理解不能なのですが、キョドコが誰の目にも明らかに良くない方向に進んで行く様がハラハラドキドキして怖いもの見たさのようなもので、目が離せなくなってしまいます。

こんなにも応援できない、共感できないヒロインは珍しいです!

穏やかな幸せに手が届きそうなのに自ら泥沼につっこんで行くキョドコに対して腹立たしく思ったりむず痒くなったりもするのですが、それでも読んでいるとキョドコの幸せを願わずにはいられなくなる、なんとも不思議な魅力を持ったヒロインです。

重い内容と可愛い絵柄のギャップ

この漫画の大きな魅力のひとつは、絵柄と内容の大きなギャップだと思います。

可愛くて丸みを帯びている絵柄からは想像できないほどのドロドロとしたえぐみのある重くて辛いストーリーとなっています。
絵の可愛さが物語の重さをさらに際立たせています。
表紙の可愛い絵柄だけを見てただの恋愛漫画だと思って油断して読み始めると、度肝を抜かれてしまう内容です!

僕自身も、初めてコミックスを買った時は何の前情報もなく読み始めたので、あまりにも辛辣なストーリーに驚いてしまいました。

でもそれが魅力なのです。

先ほど述べたように、だんだん泥沼にハマっていくキョドコから何故か目が離せないのと同じで、可愛い絵柄の重い内容が何故かクセになります!

まとめ

いかがでしょうか?

原作はまだ完結していないので、キョドコの行く末はまだ誰にもわかりません。

ハッピーエンドに向かっていくのか、もしくはさらにどんどんと泥沼にハマっていきバッドエンドを迎えるのか。。。
キョドコの幸せを願うも良し、キョドコが堕ちていく様を逆に楽しんで読むも良し。
この漫画の楽しみ方はひとつではありません!

今後の展開から目が離せない!!

皆さん是非コミックスを読んでみてください!

読む順番は、
『きみが心に棲みついた』上・下
『きみが心に棲みついたS』①〜⑦以下続刊
です!
いきなりSの方から読むと少し話についていきにくいかもしれないので、くれぐれもご注意ください!

オススメ紹介カテゴリの最新記事