アニメ化決定!今最もアツくなれる漫画『火ノ丸相撲』を紹介します

アニメ化決定!今最もアツくなれる漫画『火ノ丸相撲』を紹介します
     
頭が封印解除(レリーズ)しているエンジニア。
子供の頃に「二重の極み」を練習して骨折する程漫画が好きです。
自分のブログでは、漫画の感想記事をゆるゆると更新しております。

 

スポーツ選手において、最も”大切なもの”と言えば?

この問いに対し、真っ先に頭に思い浮かべたものは何でしょうか。
恵まれた体格、高い身体能力、高度な戦術、スキル、センス…

否!それは情熱である!

ということで今回ご紹介する漫画は、体格で周囲の選手に劣る主人公が、持前の情熱とひたむきな努力で高校相撲の頂点を目指す漫画、『火ノ丸相撲』でございます!

火ノ丸相撲のストーリーは?

弱小の大太刀高校相撲部に現れた1年生、“小さき”少年・潮 火ノ丸! 「デカく」「重く」が絶対の競技に似合わぬ体格のこの新入部員、実はとんでもない過去が!? 頂点・横綱を目指す――ド白熱高校相撲、開幕!!

(C)川田/集英社
引用元:Comee.net

大太刀高校に入学した”潮 火ノ丸(うしお ひのまる)”は、高校相撲の頂点を目指す高校一年生です。
小学生の頃は世代No1を誇った彼に対する周囲の期待は高く、将来の横綱候補として、その界隈では”国宝”と称されておりました。

しかし、彼には相撲という競技において致命的な欠点がありました。

中学生以降、全く背が伸びない—そう、彼は身長が低く、いわゆる”小兵力士”だったのです。
体格の良い選手がごろごろと存在する相撲という競技において、彼の身長はなんと152cm。
周囲の選手達は更に体格を大きくしていき、次第に小学生王者であった”火ノ丸”を追い抜いていきます。

中学相撲の公式戦ではほぼ実績が残せず、”火ノ丸”に向けた期待も薄れていきました。
もはや終わった選手か—そう囁かれる中、それでも彼は激しい稽古を続けました。
身体を鍛え、技を磨き、己を信じ続けて…。

火ノ丸に次々と立ちはだかる困難…

さて、いかにもこれから”火ノ丸”の反撃が始まりそうな前書きを書いてしまいましたが、この漫画における彼の挑戦は、最初からハードモードです。

強豪校ではなくとも相撲さえできれば良いという気概で”火ノ丸”が入学した大太刀高校(通称ダチ高)の相撲部員は、なんと上級生の”小関”の1人のみで、公式戦への出場もままなりませんでした。
挙句の果てに練習場である道場は不良の溜まり場、劣悪な環境から”火ノ丸”の高校相撲への挑戦が始まります。

持前の相撲への情熱と実力で周囲を魅了し、相撲部を再建していく”火ノ丸”ですが、いざ大会へ出場すると、”火ノ丸”以外にも将来の横綱と称される”国宝”達が続々と立ちはだかります。

立ちはだかる”国宝”たち

将来の横綱候補として、天賦の才を持つ高校生に対してのみ与えられる異名、”国宝”ですが、その名に恥じない実力者たちが登場します。

その中でも私が推す魅力的な力士は、国宝・三日月(みかづき)の異名を持つ力士、”沙田 美月(さだ みづき)”です。
一見チャラそうな見た目で稽古もサボりがちという、スポーツ漫画においてあってはならない軽薄者ですが、中学から相撲を始めたにも関わらず、あっという間に中学横綱に君臨した天才です。

そんな彼の魅力は、そのチャラい姿からのギャップです!
いわばセンスのみで勝利を積み重ねてきた”沙田”は、相撲という競技に対し、真剣に向かい合うことができなくなっていましたが、物語の序盤に”火ノ丸”と戦うことで、彼の心に火が灯ります。
”火ノ丸”との激戦の末敗北してしまった”沙田”は、これまでの飄々とした態度から一転し、悔しさを胸に基礎練習にも真摯に取り組むようになります。
いかに自分が相撲という競技を好きだったかを再認識し、天賦の才に「成長した心」が加わった”沙田”の相撲に注目です!
そして物語の中盤で実現する”火ノ丸”との2度目の真剣勝負、全国大会出場をかけた国宝vs国宝の頂上決戦は、この漫画でぜひ読んで頂きたいエピソードです!

さて、ここで小話です。

将来の横綱候補に与えられる異名の”国宝”ですが、「天賦の才を持つ高校生に対してのみ与えられる」という点では、別漫画『黒子のバスケ』の”キセキの世代”にも似た設定です。
また、前述した『火ノ丸相撲』の”沙田”は、中学から相撲を始めたにも関わらず、その類稀なる才能で中学相撲の頂点に立ちましたが、『黒子のバスケ』においても、中学からバスケを始めて才能を開花させ、チームを中学王者に導いた”黄瀬”という選手が存在します。
また、美形でチャラいという点も共通しています。これは単なる偶然なのでしょうか…

実は『火ノ丸相撲』の作者である川田先生は、過去に『黒子のバスケ』の作者である藤巻先生の元で、連載時にアシスタントを勤めていたとのことです。
もしかしたらアシスタント時代に、『黒子のバスケ』の設定からインスピレーションを受けていたのかもしれませんね…!

最後に

さて、今回は数ある漫画の中でも数少ないジャンル、高校相撲を舞台とした漫画『火ノ丸相撲』の概要をご紹介しました。

体格では周囲に劣っている、しかしながら相撲への情熱だけは誰にも負けない!そんな気概を持って戦う”火ノ丸”の物語は、まさに少年漫画の王道であり、心から熱くなること間違いなしです!

ぜひ1度手に取ってお読み下さい!

オススメ紹介カテゴリの最新記事