『恋は雨上がりのように』の原作、アニメ版、実写映画の異なる魅力とは?

『恋は雨上がりのように』の原作、アニメ版、実写映画の異なる魅力とは?
     

漫画や映画、アニメなどの物語を幅広く鑑賞。
物語感想サイト『物語る亀』(http://blog.monogatarukame.net)を運営中。
サイトでは映画を中心に記事を書いています。

眉月じゅん原作の『恋は雨上がりのように』の実写映画が公開されました。

漫画、テレビアニメが盛り上がりを見せて完結し、その余韻が残るなか公開された実写映画は、映画ファンを中心に高い評価を獲得しています。
今回はそんな実写映画版と原作漫画、アニメとの違いを比較していきながら、それぞれの魅力に迫っていきます。

作品紹介とあらすじ

年の差の恋愛の行方は?

本作は陸上部で活躍していたけれど、足を怪我してしまった17歳の女子高生“橘あきら”を主人公にした恋愛作品です。

そのお相手は45歳バツイチ子持ちのファミレスの店長である“近藤正己”。

まさに23歳もの差がある恋愛作品です。

詳しくはこちらの記事を参照してください。

主要キャスト紹介

本作はスラッとした頭身の高いキャラクターデザインが特徴的ですが、映画で主人公役を演じるのはモデルとしても活躍している小松菜奈。
彼女の瑞々しい若さ溢れる演技や、走るシーンなどにより陸上へかける情熱や躍動感を見事に表現しています。

アニメ版では渡部紗弓がその声を演じており、こちらも純粋に恋をするあきらの姿を熱演していました。

一方、近藤はファミレスの店長ですが、部下である店員に「一生店長止まりね」と揶揄されてしまうような、ちょっと抜けている部分のあるおじさんです。
映画では大泉洋が演じており、コミカルな中にも大人の誠実さが出ていました。

女子高生とおじさんの恋愛というと、嫌悪感を抱く方もいるかもしれませんが、クリーンで誠実、それでいて面白いおじさんのイメージが強い大泉洋が演じることにより、爽やかな物語になっています。

テレビアニメでは『ワンピース』のサンジ役やジョニー・デップの吹き替えでもおなじみの平田広明が演じています。
渋くかっこいい声質の中にもコミカルな魅力があり、店長に魅かれるあきらの気持ちがよくわかる演技でした。

原作に対して誠実に作り上げる

漫画原作作品だとファンが気になるのが「どれだけ漫画をリスペクトしているのか?」という部分でしょう。
全く同じ物語にはできないものの、改変があまりにも多く原作のいい部分を損なっているようだと、やはりファンとしては納得ができません。

本作は全てではありませんが、多くのシーンで原作と同じ言葉使いをするように意識しています。
大泉洋はほんのすこしの言い間違い……例えば語尾が「です」と言ってしまったけれど、原作では「だよ」という言葉であると指摘されて難しい部分があったとインタビューで答えています。

このように、最新の注意を払いながら撮影された本作は、原作の青春の爽やかさ、恋のきらめきなどを決して逃さない作品に仕上がっています。

原作、アニメ、映画それぞれの味が光る!

原作、アニメ、映画の3作品とも魅力があふれており、また映像化作品としても原作に対するリスペクトが感じられるのですが、全く同じというわけではありません。

その中でも特に注目してほしいのがラストの展開です。
あまり直接的に語ることはできませんので、少し濁しながら語ります。

原作は2人の恋をじっくりと描き、決定的な決断を下します。
アニメはその決断を匂わせるような形でラストを迎えます。
この映画化ではその決断とは違う形で、2人の関係の変化を原作の序盤のセリフを交えて描き出しました。

この3パターン、どれも全く魅力が異なっており、大きな変化ではないものの、意味合いも若干変わっています。
それがどのようなラストなのかは、実際に3作品を比べてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

漫画原作作品をただ実写映画化しただけでなく、独自の解釈を付け加えながらも、鮮やかな青春を描き出しています。
特に原作が好きな方ほど、イメージを大切にするあまりに映像化作品を鑑賞することにためらいがあるかもしれません。
また、逆に映画やアニメで魅了された方が、原作に手を伸ばさないパターンもあるかもしれません。

しかし、それはあまりにも勿体無い!

『恋は雨上がりのように』は3つのパターンともに、描いている思いは同じです。
しかし、その見せ方が違い、どれも魅力あふれる作品です。

ぜひぜひ3パターン、すべて楽しんでください!

 

橘あきら。17歳。高校2年生。
感情表現が少ないクールな彼女が、胸に秘めし恋。
その相手はバイト先のファミレス店長。

ちょっと寝ぐせがついてて、
たまにチャックが開いてて、
後頭部には10円ハゲのある
そんな冴えないおじさん。

海辺の街を舞台に
青春の交差点で立ち止まったままの彼女と
人生の折り返し地点にさしかかった彼が織りなす
小さな恋のものがたり。

(C)眉月じゅん/小学館
引用元:Comee.net

考察してみたカテゴリの最新記事