クラマーってどういう意味? 『さよなら私のクラマー』が描く女子サッカー界の現状を考察

クラマーってどういう意味? 『さよなら私のクラマー』が描く女子サッカー界の現状を考察
     

サブカルクソ研究者。
英文学・言語学・メディア記号論を専攻。
新聞社を退職後、翻訳補助を通じて総合文化研究に携わるも、中の人がどオタクであった為に、研究対象は漫画、アニメ、ゲーム等に限られる。Twitter→@semiotics_labo

   

2018 FIFAワールドカップ ロシア大会が話題をさらう中、2019年のFIFA女子ワールドカップ フランス大会の開催も、あと1年となりました。

 

引用元:Comee.net

今回は『四月は君の嘘』で知られる新川直司の本格的な女子サッカー漫画、『さよなら私のクラマー』をご紹介します。

2011年のドイツW杯での奇跡の優勝から、2014年ロンドン五輪の銀メダル、2015年カナダW杯の準優勝と、栄光の階段を駆け上がってきたなでしこジャパンは、澤穂希という象徴的な存在を失った後、リオ五輪の出場権を逃し、再び転落したかのように見えました。
しかし、フランスW杯の最終予選・AFC女子アジア杯では、高倉監督の指導のもとで守備が大幅に改善し、5試合戦って失点はわずかに2、決勝戦ではリオ五輪最終予選で3点取られて敗れた因縁の相手・オーストラリアを無失点で抑え、なでしこの花を頂点に咲かせました。

一度は散りそうになった女子サッカーを立ち直らせた要因は何だったのか。
女子日本代表の不屈の精神はどこから生まれたのか。

『さよなら私のクラマー』は、リオ五輪最終予選での敗退が決まった2か月後、シドニー五輪で澤さんが残したのと同じ「女子サッカーが終わってしまう」という台詞から、物語がスタートします。

『さよなら私のクラマー』の表題の意味

クラマーって誰?

さて、この漫画の表題にある、「クラマー」ってどういう意味でしょうか。

 

引用:Wikipedia

往年のサッカーファンの方なら、この名前に聞き覚えがあるでしょう。
1964年の東京五輪男子サッカー日本代表のドイツ人コーチ、「日本サッカー界の父」と称されるデットマール・クラマー氏の事です。

NHK番組『その時歴史が動いた』でも特集され、メキシコ五輪銅メダル獲得の最大の立役者となったクラマー氏は、日本サッカーにコーチ制度を確立した人物でもあります。

『さよなら私のクラマー』では、クラマー氏の名前こそ出ないものの、クラマー氏の提言によって日本に設立された公認コーチのライセンスを持つプロの指導者役の登場人物が何人も登場し、台詞に説得力を持たせています。

従って、これらの登場人物が語るコーチング理論が、なぜ練習や試合の各シーンで適用されているのかを本当の意味で理解するには、

クラマーの表題がコーチ制度を作った人物の名前である

という事を知っておく必要があります。

最も分かりやすいのは5巻、蕨青南高校の”深津”監督の台詞ですね。

 

だがもっとも重要なことは、裾野を広げることだ。
その競技を支えるのは、その競技人口だ。
サッカー人口を増やすことが日本をサッカー大国たらしめる最短ルートだと思うけどね。

引用:新川直司/講談社『さよなら私のクラマー』5巻 76頁

 

この台詞はまさに、日本サッカー界の父が示し続けた提言そのもの。
競技人口の拡大はクラマー氏が日本サッカー協会に残した最大のテーマであり、同時に女子サッカーを取り巻く最大の課題なのです。

コーチの視点から見た女子サッカーの現状

クラマー氏のコーチング理論を作中の誰よりも深く理解しているはずの深津監督は、「女子サッカーに未来はあるのか?」と、プロを目指すにはあまりにも厳しい現状から、蕨青南の女子選手・ワラビーズの育成を諦め、読者に女子サッカーの現実を突きつける役でもあります。

面白い事に、元女子日本代表のレジェンドとして描かれるコーチ就任1年目の”能見奈緒子”は、深津監督の現実論を否定し、理想論を唱える役として、ワラビーズの指導に本気で当たっています。

 

「現実がわかってねーんだよ、理想論ばっか。
そんなもん語ったところで腹の足しにもなんねえ。」

「本当にひねくれてますね深津監督は。
言ってることもわかりますけどね。
―でも現実を見据えてサポートするのは、私達、指導者の役目。
理想論を説く人間にこそ、きっと人は付いてゆく。」

引用:新川直司/講談社『さよなら私のクラマー』2巻 111~112頁

 

実は能見コーチのこの台詞も、選手と身近に寄り添って寝食を共にし、日本文化を論理的に理解して指導に活かしたクラマー氏に通じているんですよね。

クラマー氏の「サッカーの理論」を深津監督に、「サッカーの精神」を能見コーチに当てはめると、口先ばかりで自分では何もしない日本のたるんだ指導者に、まるでクラマー氏が喝を入れているかのような物語構造である事が分かります。

クラマーという言葉が指導者に掛かっていると分かれば、後は簡単です。

すなわち、『さよなら私のクラマー』の表題は、

能見コーチ(女子サッカー)の視点から見た、

深津監督(男子サッカー)との決別である

と受け取る事が出来るでしょう。

深津監督からクラマーの教えを学んだワラビーズの女子選手が、いつしか現役時代の能見コーチのような観客を集められるプロ選手となり、しかも1人や2人ではなく何人も輩出して、男子サッカー(Jリーグの収益)におんぶに抱っこされている現状から巣立っていく、そんな意味が込められているように思います。

 

参照:
 中体連 加盟生徒数 (http://njpa.sakura.ne.jp/kamei.html)
  高体連 加盟登録状況 (http://www.zen-koutairen.com/f_regist.html)

 

冒頭で述べた、女子サッカーを立ち直らせた要因は、競技人口の増加にあります。
2011年の女子W杯の優勝以降、なでしこリーグは減収しましたが、中学・高校のユース世代の女子サッカー人口は確実に拡大してきました。

その裏では、選手を送り出してきた指導者の努力があったはずです。
女子サッカーの未来を切り開きたいという理想が、育成の受け皿となる環境を支え、世界で活躍する才能を決して腐らせる事なく、長谷川唯や市瀬菜々らをはじめとする若手の中心選手を、A代表まで押し上げたのです。

最も重要なのは、裾野を広げる事。

深津監督の台詞にあるクラマー氏の哲学に、コーチの視点から描かれる、女子サッカーのもう1つの戦いが見えてきます。

作者から見た「私のクラマー」

『さよなら私のクラマー』は、2016年5月6日から連載開始しています。
ここまで解説してきたように、作者・新川直司はクラマー氏のサッカー哲学に精通しており、漫画の中に組み込むほどの相当なフォロワーだったと推考出来ます。

 

引用元:Comee.net

作者は『さよならフットボール』というサッカー漫画の連載を2010年に終えていて、そこでは男子サッカー部に混じって練習する天才女子中学生の活躍を描いていました。

女子サッカーの競技人口は2010年から3538→5816人に増えていても、女子サッカー部のある中学は625→87校に減っています(高校は465→623校に増加)。
つまり女子選手は中学より以降、その大半が男子と一緒に練習する環境に放り込まれる為、そこでフィジカルの差を否が応にも思い知らされ、サッカーから離れてしまう子が多いのです。

『さよならフットボール』のさよならの意味も、やはり日本の女子サッカーが抱える「競技の裾野」が広がらない課題に直結しています。

日本のユース世代の育成環境に警鐘を鳴らし続けたデットマール・クラマー氏は、2015年9月17日に90歳で亡くなりました。

作者がもう一度女子サッカーの現状を描くに至った契機があったとすれば、『四月は君の嘘』の連載終了からおよそ半年後に届いた、クラマー氏の訃報だったのではないかと思えてなりません。

「私の」が作者で、さよならは個人的な追悼の意、とも取れます。

 

アスリートは孤独だよ。
でもひとりぼっちじゃない。
競い合う味方がいて、支え合う敵がいる。
日本中に、世界中に、みんな高め合う仲間だ。

引用:新川直司/講談社『さよなら私のクラマー』4巻 141頁

 

『さよなら私のクラマー』に登場する各高校の女子選手は、お互いがライバル同士でもありながら、女子サッカーの運命を背負った共同体でもあります。
ライバルを打倒していく男子サッカー漫画との大きな違いです。

なでしこジャパンのようなワイワイキャッキャした空気が特徴で、男子部の汗臭さが皆無、なのに内容は極めて論理的かつ誇張表現の無いサッカーを実践している、そんな作品です。

見どころは女子サッカーへの提言よりもむしろ、迫力のある試合描写にありますので、サッカーファンの読者の皆様には、是非とも手に取って読んでみる事をお勧めします。

まとめ

『さよなら私のクラマー』の表題の意味を、作中の指導者の台詞から考察しました。
日本サッカー界の父がこの国に残したコーチ制度は、今でもユース世代の育成環境を支え、教育の現場に根付いています。

ドイツ人コーチのクラマー氏が、日本人の「大和魂」を奮い立たせ、メキシコ五輪の奇跡を掴んでからちょうど50年、今年のロシアW杯でも、日本代表は不屈の精神でベスト16へと躍進しました。

次は女子サッカーの番です。
来年のフランスW杯での、なでしこジャパンの活躍に期待しましょう。

 

中学時代輝くことなく終わったウイング、周防(すおう)すみれは、ライバルである曽志崎緑(そしざき・みどり)から誘いを受ける。「一緒のチームに行こうよ、一人になんてさせないから」。そんな真摯な言葉に、周防が出した答えは……。たくさんの個性豊かな選手が集まり、今物語の幕が開く!!

引用元:Comee.net

 

体格に勝る男子と交じり、ひたむきにボールを追う。誰よりも理想のフットボールを求め、試合に出ることを渇望する少女、恩田希。14歳の少女の青春は、ある一人の少年との「再会」によって加速する――

引用元:Comee.net

おまけ:今漫画が読みたい気分なら、eBookJapan!

Comee mag.がおすすめする電子書籍サービスをご紹介!

5,000円分の漫画交換ポイントが帰ってくるという出血キャンペーンを行なっている「eBookJapan」をご紹介します。

無料漫画9,000タイトルという恐ろしさと国内TOPクラスの漫画掲載量を誇るeBookJapanでちょっとした息抜き時間に人生を変える感動を是非実感してください。
(Comee mag.で紹介した漫画も読んでみてね!)

 


>>eBookJapanがオススメの理由はこちら<<

考察してみたカテゴリの最新記事