『黒子のバスケ』紫原敦にとって氷室辰也は自分の考えを変えた重要なキャラクター

『黒子のバスケ』紫原敦にとって氷室辰也は自分の考えを変えた重要なキャラクター
     

自分のブログhttp://www.kujoyugo.com/)で漫画考察記事を書いています。
子供の頃からたくさんの漫画を読み漁ってきて、コミックスの買いすぎで実家は漫画喫茶状態でした。
同じ漫画好きであるみなさんのお役に立てる記事を書いていきます!

   

キセキの世代の面々は、主人公の黒子テツヤと戦うことで、チームワークの大切さを学び、バスケへの情熱を取り戻していきました。

陽泉高校に所属する、キセキの世代の一人・紫原敦も同様です。
彼はバスケが最初から好きじゃなく闘争心があまりなかったのですが、ウィンターカップで黒子がいる誠凛高校と戦い、試合の終盤は本気で試合に臨んでいました。

しかし紫原の心の内の変化は、黒子一人のお陰ではありません。
紫原のチームメイトである氷室辰也の影響も大きいです。

紫原敦とは

紫原は恵まれた体格を持ち、高い身長と長いウィングスパン、そしてキセキの世代の中で最も強いパワーを誇ります。

バスケセンスは非常に高い反面、その才能で常に勝ち続けてきたため才能のある人や背の高い人が勝てるつまらない競技だと認識するようになりました。

普段の性格は幼稚で気の抜けた態度ですが、バスケに真摯に取り組んで努力している熱血な人が嫌いで、そういう選手と戦うときは機嫌を悪くし苛つくこともしばしば。
特にバスケへの才能がないのに努力している人が大嫌いで、無駄な努力だとはっきり見下しています。

黒子ともお互い仲は良い方だと思っているみたいですが、バスケが好きで努力を大事としている黒子とは、バスケに関してだけは折が合わず、衝突してしまうことが幾度かありました。

氷室辰也とは

紫原と同じ陽泉高校の選手。

温厚な性格で人当たりが良く、紫原のわがままにも怒らずに甘やかして接しています。

キセキの世代のような天才ではないと明言されていますが、すさまじい努力でキセキの世代に匹敵するほどの実力を身に付けた秀才。

陽泉は紫原と氷室のダブルエースであり、キセキの世代のような天才でなければ数人がかりでも全く止められない強さを持っています。

紫原と仲が良く、一緒にいることが多いです。
甘えん坊の紫原と、甘やかしがちな氷室は性格的に相性が良いのだと思います。

凡人が嫌いな紫原だが氷室とは仲が良い

氷室は実力こそキセキの世代に限りなく近いですが、それでも才能の面では天才ではなく、あくまで凡人の延長線上だと言われています。

氷室はかなりの努力家で、普段はクールですが闘志を内に秘めた熱血漢です。
凡人の努力家で熱血というと、紫原の大嫌いなタイプのはずなのですよね。

しかし紫原は氷室と普段から仲が良いですし、バスケにおいても氷室とダブルエース扱い(同格扱い)されて、不満はなさそうでした。
氷室の実力を認めているのだと思われます。

紫原が嫌いなのは、努力しても強くなれない凡人です。
氷室は才能の面で凡人ではあっても、努力してキセキの世代に近いレベルの強さを身に付けています。
氷室に苛つかないのは努力の結果が伴っていたからでしょうね。

誠凛戦でやる気をなくした紫原を叱責した氷室

誠凛戦の終盤、誠凛エースの火神大我がゾーンに入ったことで、紫原も氷室も火神に太刀打ちできなくなってしまいます。
点差を一気に縮められてしまい、紫原はゾーンに入った火神に勝てないと悟り、試合途中でやる気をなくして交代を要望しました。

当然チームメイトも監督も紫原に怒りますが、紫原の気持ちを大きく変えたのは氷室です。

今まで紫原を甘やかすばかりでしたが、初めて紫原に激昂し、「俺が持っていないバスケの才能を持っているお前が、簡単に諦めないでほしい」と泣いて懇願します。
普通なら熱血な人のことをうざいと感じる紫原ですが、氷室の発言でやる気を取り戻し、初めてチームプレーを行って誠凛を最後まで苦しめました。

どうして氷室の発言だけが彼の心に響いたのか。
それは紫原にとって、氷室は今までの考え方を覆す人物だったからです。

才能のない凡人が努力しても無駄と思い続けてきた彼にとって、努力してここまで強くなった人は氷室が初めてでしょう。
努力の結果が伴っていない人に説教されたところで、紫原には響かないはずです。
自分より弱い人の言うことを聞く人ではないですからね。

そして氷室は、自分の才能の無さを自覚しています。
紫原の前でもそれを認め、その悔しさに涙を流すほどでした。
才能が無いことを自覚しながらここまで強くなるほど努力した氷室だからこそ、その悔しさは紫原にも伝わったのでしょう。

いくら強くてもキセキの世代のように才能に溢れた人たちの台詞では心に響かなかったでしょうし、自分より格下の凡人には何を言われても聞く耳を持たなかったはず。

才能がないのに必死で努力して強くなった氷室だからこそ、紫原の心を動かせたのだと思います。
それは黒子でもできないことなので、氷室は彼にとって唯一無二の重要な存在なのです。

まとめ

中学時代にバスケへの姿勢で黒子と何度も衝突した紫原。
黒子でも変えられなかった彼を変えたのが、氷室というキャラクターでした。

誠凛戦でチームプレーをする楽しさと、負ける悔しさを味わっています。
翌年以降は真面目にバスケに取り組んでくれるでしょうし、本気になった紫原のプレーを見てみたいですね!

 

【『黒子のバスケ』の他の記事もチェック】

 

火神大我が入学先の誠凛高校バスケ部で出会ったのは、黒子テツヤという超地味な少年。存在感も無さ過ぎる黒子に幻滅する火神だったが、実は彼は「キセキの世代」と言われた伝説の最強チームのメンバーで…!?

引用元:Comee.net

考察してみたカテゴリの最新記事