【新作】からかい上手の高木さん作者、Twitterで萌え童貞を片っ端からKO【紹介】

【新作】からかい上手の高木さん作者、Twitterで萌え童貞を片っ端からKO【紹介】
     

森山ジミー。某4流大学の芸術デザイン学部卒。
幼い頃から絵を書くことが大好きで、ひたすら書き続けた結果IT企業に就職。
好きな漫画はサスペンス・ミステリージャンルが多いが、女の子が可愛い漫画は基本どハマりする。変態ではない。
本体サイト”Comee(コミー)“にもアカウントを持っているので是非フォローを!

   

■山本漫画ルール:その2「可愛さの要因を考える」

もうね。可愛すぎるでしょ『将棋のやつ』の先輩。
筆者レベルになるともう後輩も可愛いんだけど、先輩やばいでしょう。
既におわかりだろうが、山本先生の作品に出てくる女の子はとにかく可愛いのだ。

そう、萌え童貞おじさんを次々と捉えるその要因は
圧倒的な女の子の可愛さである。

 

▼▼『将棋のやつ』第5話▼▼

 

 

 

 

この5話で一番可愛いシーンは3コマ目の「ふふーん」の表情である。
他のタジタジシーンも可愛いのだが、こういう自然な一コマでも先輩の可愛さはしっかりと出ている。

『からかい上手の高木さん』の主人公である高木さんとは相反して、『将棋のやつ』に登場する先輩は「不器用で、純粋で、照れ屋で、無邪気」だ。
守ってあげたくなる女性の特徴TOP5の内なんと4つも占めている。(独断と偏見)

さらに作画が素晴らしい。可愛い女の子を描かせたら先生の右に出る漫画家はそういないだろう。
少し先生のTwitterなどにアップしている女の子のイラストを紹介させてほしい。

 

 

このイラストたちが可愛い要因でよくあげられるのが”おでこ”である。
山本先生のイラストで特徴的なのは顔の中での面積の取り方だ。
おでこ部分に大きく面積を使っており、目から下はもはや顔の下半分に収まっている。
これが可愛さを引き立てているのだろうか。
確かにおでこが綺麗な女性は美しいことが多い。
こういった“可愛いを成立させる要素”にも注目して見るとより作品が楽しめるだろう。

ではここで、一つ試験をしてみよう。
下の第2話を見て、どこが一番可愛いポイントかを考えて欲しい。

 

 

 

 

 

どうだろうか。答え合わせをしよう。

ここまでの流れで一コマ目だと思ったかもしれないが、今回は違う。
確かにそこも可愛いのだが、今回は3Pの1〜3コマ目だ。
“と金の歌”という自作の歌を後輩に聞かれた挙句、「さっきの歌はいったい」と怪しまれているのにも関わらず、自信満々で「いい歌だろ。私が作ったんだ」とドヤ顔。
まず「と金の歌」を作っている時点で少し恥ずかしいのに、それを偶然知り合いに聞かれてしまうなんて恥ずかしすぎる。

でも先輩はそんな羞恥心などない。
将棋へのまっすぐな愛を表現したラブソングを恥じる必要などないのだ。
やっていること自体はaikoとさして変わらない。
そのくせに食い気味に後輩が「かわいいですね」と言われ、かなり照れてしまう。

いやそこは照れるんかいと。可愛すぎるぜまったく。

■山本漫画ルール:その3「先生に萌える」

もちろん先生の素顔は知らない。
1986年5月30日生まれ。
小豆島(しょうどしま)出身。
血液型はB型。
まさかの島出身の先生はそれはもう立派なおじさんに片足を突っ込んでいる。
どっぷりだ。

こんなふたご座の半おじさんがなぜこんな可愛いらしいストーリーを描けるのだろうか。
ふたご座の半おじさんなのに、なぜこんなにもおじさんの心を弄ぶようなムズムズ感を適切に突いてこれるのだろうか。

どんな時にストーリーを考えているんだろう。

先生も自分で考えてムズムズしているんだろうか。

可愛い女の子を描いている時は山本先生も可愛い顔になっているんだろうか。

 

 

 

 


「ダメになるから…///」ってなってるんだろうか…。)

可愛すぎるでしょうよ先生。

そんな先生に萌えるのも作品を楽しむコツです。
ここまで来たらあなたも立派な脱萌え童貞。おめでとう。卒業です。

最後に

今回は今超売れっ子の山本崇一朗先生の『将棋のやつ』シリーズを中心にご紹介しました。

先生の作品は『将棋のやつ』以外にも、大ヒットの『からかい上手の高木さん』に加え、本当に萌え童貞キラーの作品が盛りだくさん。
これを機に、是非いろんな作品を読んで見てください。

明日の通勤、昼下がりの街並み、ふとした生活の1コマ1コマが違って見えてきます。
子供の頃味わったなんとも言えない心のざわめきって今感じるとくすぐったくて心地いいんです。

日々の生活に疲れたあなたに是非山本先生の作品で癒されてほしい。

そんな願いを込めた、全裸童貞おじさんの記録でした。

この記事を読んだ方々が一人でも多く、この漫画たちで悶え、ときめき、明日から新しい良い気分で日々を過ごせますように。

やっぱり漫画っていいなあ。

漫画って、すごいでしょう?

(終わり)

 

 

山本 崇一朗(やまもと そういちろう、1986年5月31日 – )は、日本の漫画家。片山ユキヲのアシスタントを経て、2011年の第69回小学館新人コミック大賞で佳作賞を受賞後、2012年、『ゲッサン』にて読切作品『恋文』で本格デビューを果たす。香川県小豆島出身。

引用:Wikipedia「山本 崇一朗」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%82%AA%E9%AD%94%E3%81%AE%E5%AE%9F
(最終閲覧日:2018/09/10)

 

 

▼▼山本崇一朗先生のオススメ作品▼▼

いっつもオレをからかってくる
隣の席の高木さん。
だけど見ていろ、今日こそは必ず
高木さんをからかって
恥ずかしがらせてやる!!

(C)山本崇一朗/小学館
引用元:Comee.net

 

学園最凶の“シスコンヤンキー”札月ケンジ。「絶対に妹に近づくな」その深い理由って…?クール→ときどき素直、妹コメディー第1巻!

(C)山本崇一朗/小学館
引用元:Comee.net

 

「ふだつきのキョーコちゃん」「からかい上手の高木さん」で
話題の山本崇一朗が読売中高生新聞にて連載した
日常ショートがついに単行本に!

遊びたい盛りのガールズ@金曜日
今日は何して遊ぶ…?

(C)山本崇一朗/小学館
引用元:Comee.net

当代きってのヒロインたちが大集結!

累計300万部突破の大人気ラブコメ
「からかい上手の高木さん」。
著者・山本崇一朗の短編集がついに登場!

ゲッサン他で発表したヒロインたちを集めた「恋文」
未公開作品を含む秘蔵の読切を集めた「ロマンチック」
2冊同時発売!!

(C)山本崇一朗/小学館
引用元:Comee.net

 

からかい上手の高木さんを読むには

今回紹介した漫画は1巻から最新巻まで全てU-NEXTで読むことができます!全部読んでみたい方、もう一度読み直したい方におすすめ。

そして今なら31日間無料アニメも見放題!漫画やラノベも35万冊以上のラインアップです。アニメでも漫画でも、甘酸っぱい掛け合いにニヤけちゃいましょう!

U-NEXTはこちら
 

オススメ紹介カテゴリの最新記事