よしもと芸人・天津 向が芸人の裏事情を余すところなく描いた『天津向の芸人事情』が面白い!

よしもと芸人・天津 向が芸人の裏事情を余すところなく描いた『天津向の芸人事情』が面白い!
     
元少女漫画大好き芸人。
少女漫画歴22年、生涯で10000冊以上、5000作品以上の少女漫画を読んでいます。
男りぼんっ子です。男目線で少女漫画の魅力を語ります。
   

みなさんは、お笑い芸人さんが普段どのような生活を送っているのか、気になったことはありませんか?

テレビや雑誌などでよく聞く話では、「給料が安い」「よく合コンをしている」「モテる」など、様々なイメージがあると思います。

そんなお笑い芸人の裏側を面白おかしくエッセイ漫画にしたのが『天津向の芸人事情』です!

お笑いコンビ・“天津”向さんが原作を務め、作画を後輩で元漫画家の女芸人・高橋えのぐ(旧芸名:高橋結希)さんが担当して二人三脚で描かれた本作は、『読書のお時間です』内のマンガ投稿コーナー『マンガにしてみた。』内で全話無料公開されています。

 

 

向さんと高橋さんが二人で会話をしながらお笑い芸人の実情を語っていくという内容なのですが、ただ芸人の裏事情を教えてくれるだけではなく、真逆の性格の二人の掛け合いがとても面白くて、一度読み始めると手が止まらなくなるほど夢中にさせられます!

元芸人である僕も、止まらなすぎて一晩で全話を読破してしまいました。

今回は、そんな『天津向の芸人事情』の僕なりの見どころや注目ポイントをまとめてみたいと思います。

芸人の裏事情が丸わかり!?

まず、タイトルにもあるように、この漫画のメインテーマは“芸人事情”です。

テレビで芸人さんが話されているような苦労話や悲しいエピソードを、向さんが包み隠さずに語ってくれます。

筆者・田舎はるみもついこの間まで約7年間お笑い芸人として活動していたのですが、僕の目から見ても、本作で語られるエピソードはすごくリアルなものばかりだなというのが正直な感想です。

芸人さんの私生活や仕事の裏話などに興味がある方は必見です!

どのような裏事情が描かれているかというと、例えば記念すべき連載第一回では、おそらく世間の多くの人が一番気になっているであろう、若手芸人のギャラ事情が描かれています。

テレビなどで「若手芸人はギャラが安い」という話をよく聞きますが、実際のところはどうなのでしょうか。

そんなシビアな話も、向さんが赤裸々に語ってくれます。

 

 

 

 

 

 

1時間の出演で168円とは、衝撃ですね!
(もちろんこれらはほんの一部の仕事に関するエピソードであり、若手芸人がみんなこれくらいしかお給料を貰っていないというわけではございません!こういう時もあるよ、というだけです。)

ちなみに僕の芸人時代の最低記録は、若手芸人のネタライブのギャラで、5円でした。

 

他にも、向さんの合コンでの失敗談が赤裸々に語られる回や、

 

 

大変だった仕事ベスト3を発表する回など、興味をそそられる内容のものがたくさん!

 

 

(1位と2位はどんなひどい仕事だったのかは是非ご自身の目で確認してみてください!)

 

これだけではなく、さらに、相方の木村さんがエロ詩吟でブレイクしたときの話や超天然な後輩芸人の話なども盛りだくさんなので、是非チェックしてみてください!

不幸な向さんと超毒舌な高橋さん

このエッセイ漫画が楽しく読みやすい要因のひとつは、2人の芸人さんのテンポの良い掛け合いです。

漫画とは言え、まるで漫才を見ているような感覚。

毎回のように飛び出す向さんの不幸で悲しいエピソードはもちろん大前提として面白いのですが、それに対して高橋さんが後輩とは思えないほど毒舌を吐く様子もたまらなく面白いです!

向さんの不幸エピソードに毒舌でツッコミを入れていくパターンもあるのですが、向さんは普通の話をしているだけなのに高橋さんが一方的に毒舌過ぎる発言をすることも……。

例えば、シンガポールで行われたアジア最大規模のアニメイベントに仕事で参加してきたという向さんに対して、ひらすら毒舌ラッシュを決める高橋さん。

 

 

 

大先輩芸人に向かってここまで噛み付いていくという毒舌っぷりが逆に気持ちいいですね!

向さんがことあるごとに高橋さんに虐げられている様子が面白くてクセになります。

嫌な一言かるた

そして、最後に紹介したいポイントが、毎話の最後に掲載される“嫌な一言かるた”(僕が勝手に命名)です!

50音順に1枚ずつ掲載されかるたにはすごく嫌な文言が書かれていて、「これは本当に誰のために用意されているコンテンツなんだろう?」と思ってしまうほどなのですが、その毒々しさが逆に毎回の楽しみのひとつです。

中でも特に僕がお気に入りのものをいくつか紹介します。

 

 

 

 

文言とは関係のない可愛い絵が描かれているのですが、まったく中和されていないほど”文言の嫌さ”が強いので、心が弱い方は閲覧注意です。

 

(ちなみに、あとで天津向さんに確認をさせていただいたところ、これは“えむかるた”(厳し目の台詞を言われているから)と言うそうです。)

まとめ

いかがでしょうか?

今回はほんの一部しか紹介できませんでしたが、芸人の裏話や面白エピソードなどがまだまだたくさん描かれているので是非その目で確かめてみてください!

こちらの作品は第35話で完結しているのですが、向さんの不幸エピソード、高橋さんの毒舌、嫌な言葉かるた、が頭から離れなくなり何度も読み返したくなります。

もちろん全話無料ですし、縦読み漫画なのでスマホでらくらく読めちゃいます!

超オススメですよ!

 

読書のお時間です』内の『天津向の芸人事情

天津向さんTwitter→(@tenshinmukai

高橋えのぐさんTwitter(@yuki_nsc18

オススメ紹介カテゴリの最新記事