『SLAM DUNK』三井寿が一時期バスケを離れていなかったら、どれほど強くなったのだろうか

『SLAM DUNK』三井寿が一時期バスケを離れていなかったら、どれほど強くなったのだろうか
     

自分のブログhttp://www.kujoyugo.com/)で漫画考察記事を書いています。
子供の頃からたくさんの漫画を読み漁ってきて、コミックスの買いすぎで実家は漫画喫茶状態でした。
同じ漫画好きであるみなさんのお役に立てる記事を書いていきます!

   

湘北高校の選手・三井 寿(みつい ひさし)は、高校一年生の頃にバスケを挫折し、一時期バスケ部から離れていました。

高校三年生になってから、湘北バスケ部の選手たちと衝突して騒動を起こすものの、まだバスケをやりたい心が残っていて、監督の安西 光義(あんざい みつよし)にバスケ部に戻りたいと懇願し、選手として復帰します。

三井は中学時代から強かったため、すぐにスタメンになって全国大会でも活躍しました。
しかし二年間のブランクは大きく、体力不足や能力の低下を感じさせる描写は作中で何度もありました。

そこで今回はもし三井がバスケ部を離れていなかったら、高校三年生のときにどれほど強くなっていたのか、考察したいと思います。

 

三井 寿(みつい ひさし)とは

三井は根っからのバスケ好きで、中学時代は周りの部員を率いて県大会の優勝に貢献し、中学MVPに選ばれていたほどの実力者。

高校に入学してからもバスケへの情熱はとても高かったのですが、入学してすぐに足に怪我を負い、一年生のときに大会に参加することは叶いませんでした。

それに加え、大会の見学にきたときに同学年のライバルでもあった”赤木 剛憲(あかぎ たけのり)”が急成長しているのを目の当たりにし、先を越された気持ちになったのかバスケを挫折してしまい、以降バスケ部に戻らずに不良の道を走ってしまいます。

三年生になってからバスケ部員との喧嘩をきっかけにバスケ部を訪れ、バスケ部を恨んで潰そうと騒動を起こすものの、バスケへの未練を見抜かれ、バスケをやりたい本心を吐露してバスケ部に復帰します。

バスケセンスは非常に高く、3Pシューターとして湘北高校に貢献しました。ディフェンスも上手く、湘北のエース”流川 楓(るかわ かえで)”との1 on 1でも互角に渡り合うほど。

反面、ブランクの影響で体力があまりなく、試合後半はガス欠になることも多くありました。また好不調の波が激しく、調子が良いときは連続で3Pシュートを決めるものの、調子が悪いときはあまりシュートが入らないのが彼の欠点。

全国大会の時点では中学時代より強くなっていると安西監督に評価されていましたが、やはりブランクがなければもっと強かったのは間違いないでしょう。

神奈川の中学MVPとしての実力

三井は中学三年生のとき、神奈川の中学MVPに選ばれています。

当時、同学年の間では有名選手であり、実力は全国クラスの選手です。

本編の高校時代では、神奈川ナンバー1プレイヤーは、海南大附属高校の牧 紳一(まき しんいち)でした。
三井と牧は同学年ですが、中学時代に三井が牧より強かったのかと言われると、そうとは言えないと思います。

牧は高校一年生の頃から怪物と呼ばれ、すでに全国屈指のプレイヤーでした。
牧が所属する海南大附属高校は全国でも強豪校であり、県大会では連続で優勝を飾っているほどの名門。

海南大附属高校を始めとして強豪校は優秀な選手をスカウトしているため、牧は県外からスカウトされてきた人物なのではないかと思います。

実際、三井と牧はこれといって面識があるような描写はありませんでした。
もし牧が中学の頃から神奈川にいれば県大会で戦っている可能性もありますし、中学MVPの三井のことは認識していてもおかしくありません。

おそらく牧は県外からスカウトされてきた選手でしょう。
三井にブランクがなかったとしても、牧ほど強くなれたかは分かりません。

現在よりスタミナと安定感が向上しているのは確実

三井の体力不足は、二年間まともにスポーツをしていなかったことが原因なので、この点においてはブランクがなければ間違いなく克服できています。

好不調の波が激しいところも、やはりブランクが影響していると考えられます。
三井は復帰してすぐに県大会が始まっているため、昔の感覚を取り戻しきれていないのでしょう。

三井のスタミナが増え、安定して調子が良くなるだけでも今より大分強くなると思います。
二年間あれば技量も増えるでしょうし、メンタルの強化や、好不調のコントロールにも安定感が出るはず。
全国の強豪たちと互角以上に渡り合えるのではないでしょうか。

バスケセンスは非常に高いため、神奈川ベスト5に入ったと思われる

三井が高校三年生のときの県大会では、三井は神奈川ベスト5には選ばれませんでした。

三井と同ポジションの中では、海南大附属高校の3Pシューター・神 宗一郎(じん そういちろう)がベスト5の一人に選ばれています。

同じ3Pシューターとして三井と神を比較すると、神のシュート精度の方が非常に高く安定しており、スタミナ面でも神が上です。
逆に、フィジカルやシュート以外の点では三井の方が上だと思います。

神は中学時代から強かったわけではなく、高校から努力してシューターとして強くなりました。
スタミナの高さも、海南の過酷なトレーニングを毎日続けていたからこそのもの。

本編では神に引けを取っていたものの、もしブランクがなければ三井ももっとシュート精度が向上していると思いますし、スタミナもあったことでしょう。
そのため、ブランクなしなら神よりも3Pシューターとして強かった可能性があり、そうなれば神の代わりに神奈川ベスト5に選ばれていてもおかしくないと思います。

まとめ

バスケの技術は現時点でも全国で通用するレベルのため、ブランクなしならスタミナ不足や安定感の悪さという欠点が解消され、全国屈指のシューターになると思います。

神奈川ナンバー1の牧を超えられるかは分かりませんが、3Pシューターとしては神奈川で一番になれそうです。
大学に行けばスタミナがついてもっと強くなっていそうですね!

 

中学3年間で50人の女の子にふられた桜木花道。高校生となった彼は、ふと声をかけてきた女の子・赤木晴子に性懲りも無く一目惚れ。その「バスケットはお好きですか?」との問いに花道は…!?

引用元:Comee.net

考察してみたカテゴリの最新記事