祝『ワールドトリガー』連載再開!これからの展開での注目ポイントをまとめてみた!

祝『ワールドトリガー』連載再開!これからの展開での注目ポイントをまとめてみた!
     

平成8年生まれ。ジャンプで言うと『家庭教師ヒットマンREBORN!』『銀魂』全盛期世代。
記事を読んでくれた方に漫画の知識を深めてもらい、作品をより楽しめるような記事を書いていきます。
ごらくライブラリ(https://goraku-library.net)にてサブカル中心の雑記系ブログを運営中です。

   

ついに長い休載期間を経て『ワールドトリガー』が連載再開となりました!

連載期間が空いたことによりストーリーを詳しく覚えていなかったり、伏線などを思い出せなかったりする人もいるのではないでしょうか?

今回はこれから重要になってくるであろうキャラクターを紹介しながら、連載再開前のストーリーを復習していきたいと思います。

『ワールドトリガー』の簡単なあらすじ

物語の舞台となる三門市は、突如、開いた“門(ゲート)”から異次元の侵略者”近界民 (ネイバー)”の脅威にさらされます。

三門市では人々の平和を守るために設置された民間組織・”ボーダー”が結成されます。

本作はボーダーに所属する主人公の三雲修(みくもおさむ)が、知恵を駆使しながら凶悪な侵略者である近界民たちと戦っていくSFバトル漫画となっています。

これからの展開を握るキャラクターたちを紹介します!

本作のこれからの展開を握るであろう人物は、本作の主人公である修が率いる玉狛第二のメンバーたちだと考えております。

玉狛第二の雨取千佳(あまとりちか)と空閑遊真(くがゆうま)は家族や友達を近界民に囚われてしまっています。

ですので修たちは近界民の住む世界に行き、近界民によって囚われてしまった人を捜索し救出する事を目的としております。

また近界民の捕虜であるヒュースが自分の所属している近界民の国家”アフトクラトル”に帰る為に、玉狛第二に入り修たちと一緒に遠征部隊を目指すことになりました。

これから玉狛第二のメンバーの中で重要になってくるであろう、雨取千佳と空閑遊真、そしてヒュースについての情報をまとめていきたいと思います。

雨取千佳

雨取千佳は玉狛第二のスナイパーでしたね。

彼女はボーダーの中でもとりわけ高いトリオン量を持っており、地形を変化させるような破壊力を持つ弾丸を打つことができます。
その膨大なトリオン量のせいで、大規模侵攻ではトリオン量の多い人間を捕獲しにやってきた軍事国家アフトクラトルのトリガー使い達に誘拐されそうになりました。

そんな千佳ですが、小学校の頃に友達と兄を近界民にさらわれてしまったため、彼らを捜索したいと思っています。

ボーダーの最高司令官である城戸正宗 (きどまさむね)は、千佳の持つ膨大なトリオンを遠征艇の動力にしたいと考えており、遠征艇に同行させたいと思っています。
その場合、千佳は遠征艇に常駐させられる形になってしまうので、友達と兄を探すという目的を達成することができなくなってしまいます。

千佳が友達と兄を捜索する為には、修たちと共にランク戦を勝ち抜いて、B級2位まで上り詰めなければいけません。

このランク戦は千佳の人生を決める大きなターニングポイントとなるでしょう。
彼女のランク戦の戦いに期待が高まります。

空閑遊真

空閑は黒トリガーとなってしまった父・空閑有吾(くがゆうご)を生き返らせる手掛かりを掴む為に、近界民の世界から三門市へやってきました。

ボーダーに黒トリガーになった人を蘇生させる技術がないことを知り、生きる目的を失いかけていましたが、修と千佳と出会うことで、一緒に近界民に拐われた人を探すという新しい目的を見つけることが出来ました。

彼の相棒である多目的型トリオン兵・レプリカは大規模侵攻において、空間をつなぐ黒トリガー使うミラに体を分断されてしまった上に、アフトクラトルの遠征艇に残されてしまった状態にあります。
幸いなことにレプリカの分身であるちびレプリカは消滅していないため、レプリカはアフトクラトルのどこかで生き延びていると思われています。
空閑がレプリカを連れ戻す為には、ボーダーの遠征部隊に入り、アフトクラトルを探索する必要があるのです。

空閑は修と出会う前に近界民の戦争に参加しており、その最中に彼の肉体は生命体としての活動が不可能になるほどの傷を負ってしまいました。
現在はボロボロになった肉体の代わりに、トリオンでできた体を使って日常生活を過ごしています。
空閑は問題なく日常生活を過ごしているものの、生身の肉体は徐々に死へむかっており、その肉体が滅びてしまう空閑のトリオンでできた日常生活の体も消滅してしまいます。

果たして空閑は、自分の命が尽きるまでにレプリカを救出するという目的を達成することができるのでしょうか?

ヒュース

玉狛支部の実力派エリートの迅悠一(じんゆういち)に捕虜として捕まったアフトクラトルの兵士であるヒュース。

彼は大規模侵攻にて敵として立ちはだかり、千佳を連れ去ろうとした過去があります。

千佳本人は「修くんがいいって言うなら」と言っており、ヒュースが玉狛第二のメンバーに入ることを拒みませんでしたが、我々読者からしたら不信感を抱かざるをえませんね。

アフトクラトルが大規模侵攻をした目的は、他の国家からトリオン量の高い人間を誘拐して、母 (マザー)トリガーの動力源として生贄に捧げる為でした。
母トリガーに生贄を捧げないと、アフトクラトルの国土となっている星が機能停止してしまい、住めない状態になってしまいます。

その母トリガーの生贄は誰でも良い訳ではなく、トリオン量が多い人物でなければいけません。
他の国からトリオン量の多い人物を誘拐できなかった場合は、自国の人間を生贄に捧げなければいけません。
その場合、敵をトリオンキューブに変える黒トリガー・卵の冠(アレクトール)の使い手であるハイレインの陰謀により、ヒュースの主君であるエリン家の当主が生贄になってしまう恐れがあります。

ヒュースは自分の主君が生贄にされるのを阻止するべく、一刻でも早くアフトクラトルへ帰らなければいけません。
ですので玉狛第二のメンバーになり、修たちと共に遠征部隊入りを目指すことになりました。

またヒュースは遠征部隊に入ることとなった場合、アフトクラトルまでの道中のガイドを務めることになります。

ヒュースはアフトクラトルの人間として大規模侵攻に参加した過去があり、あまり遠征艇に乗せるのは危険だと思う人もいるかもしれません。
しかしアフトクラトルに到着するまでに距離があるため、予想できないような危険が存在する可能性が高いです。
そのためヒュースのような信頼があまりできない人間でも利害が一致するのであれば、ガイド役を任せた方が安全に遠征をすることが出来るようになります。

ヒュースはアフトクラトル側の人間であるため、現地についたらボーダーを裏切ってしまうと思われてしまいます。
そのため道中にボーダーの人物によって始末されてしまう恐れがあります。

ボーダーがヒュースを始末しようとした時に、彼はどのように対処するのでしょうか?

これからの見所をチェック!

これからの本作の見どころなどを軽くまとめてみたいと思います。

玉狛第二のメンバーは遠征部隊に入れるのだろうか?

玉狛第二のメンバーが目的を果たす為には、遠征部隊に選ばれてアフトクラトルに行く必要があります。

その為の最低条件としてランク戦を勝ち抜きB級2位以上を勝ち取らなければいけません。

たとえ修たちがランク戦を勝ち抜いたとしても、遠征部隊のメンバーはボーダーの上層部が決定する為、遠征に参加できない可能性もありえます。

遠征部隊に入る為に努力をする玉狛第二のメンバーと、彼らを遠征部隊に入れるかどうか判断するボーダーの上層部の動きは要チェックですね。

アフトクラトルでは激戦になることは避けられない

ボーダーがこれから遠征に向かうアフトクラトルといえば大規模侵攻にて戦うことになった国家でしたね。

レプリカの情報により、7年前の時点でアフトクラトルには13個の黒トリガーが存在していることが判明しております。
大規模侵攻にて特に印象的な黒トリガーといえば、熟練の老兵ヴィザが使用する星の杖(オルガノン)名前が上がると思います。

星の杖の能力は自分の周りに円を出現させて、その軌道上にある物体を切り裂くというものです。
周りにある建物を全て破壊できるほどの破壊力を持っており、直撃すると即死級のダメージを与えられます。

黒トリガーは優秀なトリオン能力者が命を捨てることで出来上がるトリガーであり、製作者の人格や感性が強く反映されるという特徴を持っているので、相性が悪いと起動できないという難点があります。
ですのでアフトクラトルの黒トリガー全てに使用者がいるとは考えられませんが、黒トリガーを使用する人物が13人もいる最悪な事態を考えてしまうと、ボーダーの中でもとりわけ優秀な人物が抜擢される遠征部隊でも太刀打ち出来ないと思ってしまいます。

ボーダーの遠征部隊は強力なアフトクラトルの軍勢を、どのように攻略していくのでしょうか。

まとめ

今回は連載再開後の『ワールドトリガー』の見どころや絶対にチェックすべきポイントなどをまとめてみました。

これからの戦いは今まで以上に過激になっていくはずです。

本作はストーリの中盤を迎えていると思いますが、どのようなラストを迎えるのか全く予想できません。

伏線などをしっかりと確認しつつ、今後の展開を考えながらページをめくっているとワクワク感が止まらなくなってくるので、ぜひ皆様も『ワールドトリガー』を読み返してみてください!

 

異次元からの侵略者「近界民」の脅威にさらされている三門市。そこに住む少し正義感の強い中学生・三雲修は、謎の転校生・空閑遊真と出会う。遊真の行動に振り回される修の運命は!? 最新型SFアクション始動!!

引用元:Comee.net

↓試し読みができるサービス↓

おまけ:今漫画が読みたい気分なら、eBookJapan!

Comee mag.がおすすめする電子書籍サービスをご紹介!

5,000円分の漫画交換ポイントが帰ってくるという出血キャンペーンを行なっている「eBookJapan」をご紹介します。

無料漫画9,000タイトルという恐ろしさと国内TOPクラスの漫画掲載量を誇るeBookJapanでちょっとした息抜き時間に人生を変える感動を是非実感してください。
(Comee mag.で紹介した漫画も読んでみてね!)

 


>>eBookJapanがオススメの理由はこちら<<

考察してみたカテゴリの最新記事