『バイトの古森くん』2巻発売決定記念!せかねこ先生インタビュー!

『バイトの古森くん』2巻発売決定記念!せかねこ先生インタビュー!
     

漫画と酒と日本語ラップをこよなく愛する人。漫画蔵書5000冊以上。漫画はオールジャンルなんでも読みます。お酒もオールジャンルなんでも飲みます。元よしもと漫画研究部副部長。現在は人生模索中。

   

『後輩くんは甘やかしたい』のこと

タフチとエンダのモデル

河野: 6月に単行本が発売された『後輩くんは甘やかしたい』のお話を聞かせてください。タフチエンダにはモデルはいますか?

せかねこ: 明確なモデルはいないですけど、ある日お店にお客さんで高校生の男女が来たんですよ。身長差が結構ある、ちっちゃい女の子と大っきい男の子の二人組で、男の子の買った物のお会計を女の子が「いいよ、私買ってあげるよ」って言って払おうとしたんです。そしたらその男の子が「マジですか!ありがとうございます!」って言ってるのを見て、「男の子の方が後輩なんだ!」って気づいたんですよ。でも結局女の子のお金が足りなかったみたいで「ごめん、10円だけ貸してもらえる……?」って言って(笑)そしたら男の子が「いいですよ、俺出しますよ」って1000円スッと出して。

河野: へぇー! 可愛い! まさにタフチとエンダみたいですね!

せかねこ: その2人を見た時にこの関係性いいなって思って描いたのが最初ですね。

河野: 確かほぼそのまま使ってるエピソードがありしたよね?

せかねこ: はい……(笑)すごい良かったからそのまま描いちゃいました(笑)

 

©Sekaneko/KADOKAWA

 

河野: そこはほぼ実話なんですね!(笑)タフチとエンダって変わった名前ですよね。名前はどうつけたんですか?

せかねこ: たまたまフチノさんって名前の人がいて、「フチ」ってなんか可愛いな!って思いまして。でもそのままフチノにしたら悪いかなと思って「タフチ」にしました。エンダは思いつきで、響きが可愛いなって思ってつけました。よくある名字を使うのがあんまり好きじゃないんですよ。

河野: フジドウも少し変わってますよね。

せかねこ: 変わった名字の方が読んだ人の頭に残るかなと思ってわざと変わった名字をつけてます。

河野: せかねこ先生の高校の頃の体験談なども入っていたりするんですか?

せかねこ: 入ってないですね。あんな便利な後輩いなかった(笑)でも、小中高と一緒で今でも毎日のように遊ぶ女友達がいるんですけど、その子が凄く私の面倒を見てくれるんですよ。私は1人じゃ何にも出来ないので(笑)タフチにはその子の要素が少し入っているかもしれないですね。

河野: いいお友達ですね。エンダは勉強が苦手な学生ですが、せかねこ先生は当時勉強はできる方でしたか?

せかねこ: (超小声で)できなかったです……。

河野: 声ちっちゃ!(笑)僕もできなかったので安心してください(笑)

せかねこ: 高校生の頃はクラスで成績が2番目に悪かったです。でも1番成績が悪かった子は勉強出来るのにヤンキーで試験中も寝ちゃうような子だったので、実質私が1番下でした(笑)私の住んでる地域は割と田舎なので、「勉強できる人は進学、勉強できない人は就職」って感じなんですけど私は担任の先生に「あなたは頭悪すぎるから多分就職できないよ」って言われてしまって(笑)「えー!どうしよう!?」ってパニックでした。それでもなんとか入れたのが今の会社です(笑)

河野: その会社でのお話が今漫画として描かれている訳ですから運命的なものを感じますね。

せかねこ: そうですね。自分でもびっくりです。

せかねこ先生自身のこと

世の中には愛好家がもっといるはず!女装について

河野:  Twitterに投稿して、今はPixivにアップしてある漫画『あの子誰だろう』を読ませて頂いたんですが、女装好きなんですか?『バイトの古森くん』でも女装好きエピソードがありましたけども。

せかねこ: 好きですね(笑)男の人でも女の人でも顔が綺麗な人を見るのが好きなんですよ。可愛い寄りの人より綺麗な人が好きなんですよね。イケメンが女装すると綺麗なお姉さんになる場合が多いんですよ。女装見るの好きだなぁ(笑)

河野: そうなんですね。僕は元々お笑いをやっていたので、ネタで女装もよくやっていたんですよ。先生が女装がお好きかもと思って実は今日、写真を持ってきたので、もし良かったら見てもらっていいですか?

せかねこ: あはは!(笑)見せてください!(笑)

河野: バブル期の女の子を意識した格好なんですけど。これです!

 

 

 

せかねこ: えっ!? これ河野さんですか!? 綺麗ですね!

河野: 良かったー! 僕はイケメンではないですけど女装はちょっと自信あったんですよ(笑)

せかねこ: すごーい! 全然違いますね!(笑)綺麗です!

河野: 嬉しい! 「可愛い!」とか「綺麗!」って言われるとやっぱり嬉しいんですよね。じゃあこの写真も記事に載せさせてもらいますね(笑)

せかねこ: あはは!(笑)逆に載せていいんですか!?

河野: せかねこ先生から綺麗ってお墨付きももらったので!(笑)お笑いを辞めてから女装する機会が無くなったので寂しいんですよ(笑)

せかねこ: 女装してる男の人を見るのが好きな女の人は私以外にもたくさんいると思いますよ。『バイトの古森くん』の女装のお話もすごい反響があったんです!男の人も女装願望ある人多いですよね?

河野: そうですね。女装したことない人が多いと思いますけど、意外とやってみたら楽しさに気づく人がいると思います。

せかねこ: ですよね! 高校の頃に「女装コンテスト」があったんですけど、クラスメイトの男子はみんなノリノリでやっていました。それを見た時に男の人も女装するの好きな人多いんだなって気づいて。

河野: 機会がないとなかなかできないですからね。

愛してやまない猫の話と意外な家族関係

河野: せかねこ先生は猫が相当お好きみたいですが、今何匹飼われているんですか?

せかねこ: 二匹です。去年一匹増やしました。本当は十匹くらい飼いたいんですけどさすがに反対されています(笑)お父さんが潔癖症なんですよ。猫を飼うこと自体も最初は反対されていたんですけど、お父さんが家を留守にしている間に一匹増やしました(笑)今は三匹目をお迎えするタイミングを伺ってますね。

河野: こっそり増やしていくシステムなんですね!(笑)『バイトの古森くん』の番外編的なお話やTwitterに出てくる弟さんも一緒に住まれてるんですよね。

せかねこ: そうですね。中二の弟がいます。

河野: 結構離れていますね!

せかねこ: 9歳差ですね。私は友達が少ないので弟と映画に行ったり出かけたりと遊ぶことも多いです。

河野: 仲良いじゃないですか!(笑)いい弟さんですね!弟さんは映画とか嫌がらずに付き合ってくれるんですか?

せかねこ: 不思議なことに、弟はすごいお姉ちゃん子なんですよ!私が冷たくあしらっても甘えてきます。なんでなんだろうなぁ……?

今後の野望と読者の方に一言

河野: 今後描いていきたいものや野望などはありますか?

せかねこ: 野望っていうとないですね(笑)力を入れて描くとみんなに受け入れてもらえないような気がするのでゆるくやっていくのが良いと思っています。
私自身全然しっかりした人間じゃないので、先の事はあまり考えられないんですよね。「明日生きれればいいかな」と思って生きています(笑)

河野: そんな刹那的な考え方をしてるんですか!(笑)

せかねこ: なので毎日楽しく絵を描きながら過ごしていければいいですね。

河野: 素敵な考え方だと思います! 最後に読者さんに一言お願いします。

せかねこ: 読んでくれてありがとうございます。もうすぐ2巻出るので読んでください!

河野: せかねこ先生ありがとうございました!

せかねこ: ありがとうございました!

おまけ

河野: あ!このせかねこ先生が折ってくださった鶴って持って帰ります?

せかねこ: いらないですよ!(笑)

河野: じゃあこれ読者プレゼントにさせてもらってもいいですか?

せかねこ: 誰が欲しがるんですか! 応募者ゼロだったら悲しすぎる……!(笑)

河野: 絶対欲しがってもらえるのでやりましょうよ! サイン入れてください!(笑)

せかねこ: 誰か応募してくれるかなぁ……。どこにサイン入れよう?胴体かなぁ……。あー!あー!胴体に顔描いてたらビってなっちゃった!申し訳ないなぁ……。はい、できました。

河野: ありがとうございます!本当に今日は楽しかったです!せかねこ先生が漫画のままの方だったので安心しました!

せかねこ: え?実は漫画よりしっかりしてるんですねって思いませんでした?

河野: いえ! 思わなかったです!(笑)

まとめ

いかがだったでしょうか?

ちょっと変わったせかねこ先生のゆるい世界に本当にたくさん笑わせて頂きました!
せかねこ先生は本当に人を和ませる喋り方をされる方なのでこのインタビューが音声でお届けできないのが非常に残念です!

そしてなんと後日、Comee宛に素敵な色紙とお手紙を送ってくださりました!

 

 

その他、急遽決まったプレゼント企画も同席していた担当編集さんからせっかくなのでと『バイトの古森くん』非売品グッズもつけさせてもらえることになりました!
応募方法は後ほど記載させていただきます。

インタビューでますますせかねこワールドにハマってしまった皆さん!
2巻の発売を楽しみに待ちましょう!

プレゼントキャンペーン!

 

※キャンペーンは、2018年12月11日をもって終了しました。たくさんのご応募をありがとうございました!

 

■キャンペーン概要
Comee公式Twitterアカウントをフォローし、応募方法に沿ってご応募された方の中から、抽選で1名様に『バイトの古森くん』グッズ(非売品)をプレゼント!

■応募期間
2018年12月04日~2018年12月11日 23:59

■応募方法
(1)Comee公式Twitterアカウント(@Mr_Comee)をフォロー
(2)Comee公式Twitterアカウントがツイートする対象のキャンペーン投稿をリツイート
(3)インタビュー記事の感想をキャンペーン投稿にリプライ

(対象のキャンペーン投稿にいいね・リプライをくれた方、当選率がUP?!)

■公式TwitterアカウントURL
https://twitter.com/Mr_Comee

■賞品
『バイトの古森くん』グッズ(非売品) 1名様
(ステッカー、缶バッジ、メモ帳、せかねこ先生特製折り鶴?の4点セットです!)

■抽選・当選者の発表
厳正なる抽選の上、2018年12月15日(予定)までに、ご当選者様のTwitterアカウントへDM(ダイレクトメッセージ)にてご連絡いたします。

■注意事項
・当選者の発表は商品の発送をもって代えさせていただきます。
・当選結果に関するお問い合わせにはお答えいたしかねます。ご了承ください。
・賞品の譲渡・転売・換金することを固く禁止させていただきます。
・本キャンペーンは予告なく変更・中止させていただく場合がございます。
・本サービスへのアクセス集中や通信回線の状態による遅延、不具合などにより本サービスへのアクセスや登録・表示などができないことにより発生した損害、または起因して発生したすべての事象につきましては、原因の如何によらず一切の責任を負いかねますので、その旨ご了承の上ご利用ください。
・弊社側で不正と判断した場合は、賞品進呈の対象外とさせていただきます。
・本キャンペーン及びComee mag.へのご質問は、下記のFAQをご参照の上、お問い合わせください。

 

ゆるすぎる職場×天使すぎる後輩×面白すぎる会話=最高が止まらない!!

天使みたいに可愛い顔してやたら毒舌なバイトの後輩・古森くんと、頭はあまり良くないが家に猫がいるだけで毎日が楽しいせかねこ(作者)。ショッピングモール内の職場で繰り広げられる、ゆるくて、馬鹿で、あまりにも最高な会話の数々。読めばきっと2人を好きになる、爆笑実録コメディ第2弾!「古森くんとパートさん親衛隊を結成した話」「古森くんが辞めることを知った話」など長編エピソードを含む描き下ろし約50ページを収録
©Sekaneko/KADOKAWA
引用元:Comee.net

 

 

ゆるすぎる職場に舞い降りた天然小悪魔・古森くんに、萌えが止まらない…!

「古森くんが可愛すぎる!」「いや、せかねこさんも実はヤバいのでは…」などなど、ツイッターでバズの嵐を巻き起こし、第2回ピクシブエッセイ新人賞大賞を受賞した(ある意味)衝撃の職場マンガが、50ページを超える描き下ろしを加えて初の書籍化!!

頭はあまり良くないが家に猫がいるので毎日が楽しいせかねこ(21歳・女子)、宝くじを買ったこともないのに3億円当たった時の使い道を日々考えている店長(40代)、美人なのに性格に難アリで全く結婚できず病み気味のパートさん(29)。そんな彼らのゆるーい職場にある日突然現れた、可愛い顔してやたら毒舌な新人バイト・古森くん(23歳・男子)。
死んだ目をした古森くんの天然かつ小悪魔な言動の数々。そして、だんだんと露呈していくせかねこの隠しきれない本性(a.k.a.ヤバさ)。超絶ゆるくて、最高に萌えて、どんどん癖になる2人の戦い(?)の日々が、今幕を開ける…!!

ピクシブエッセイ(pixivコミック)での人気連載に加えて、古森くんの新たな秘密が明らかになる「古森くんが泣いた日」、普段はお気楽なせかねこの葛藤と古森くんの優しさが切なく描かれる「せかねこに異動の辞令がきた話」など、単行本でしか読めないエピソードが満載。さらに、ツイッターでバズりまくった、せかねこの中学時代や弟のエピソードなども収録した大充実の一冊です。

古森くん「せかねこさん、梅味の飴いりますか?」
せかねこ「すみません、梅が苦手で」
古森くん「そうですか」
古森くん「せかねこさん、梅の飴いりますか?」
せかねこ「あれ、昨日梅がダメだって言いませんでしたっけ?」
古森くん「それ昨日の話ですよね? 今日は?」
せかねこ「……」

©Sekaneko/KADOKAWA
引用元:Comee.net

↓試し読みができるサービス↓

 

この甘やかしはクセになる…! ツイッターで話題のニヤキュン学園漫画!

可愛い後輩が世話を焼いてくれるって…幸せか!!!!
男勝りの先輩女子・エンダ(高3)と、そんな先輩をただただ甘やかしてくれる弟系後輩男子・タフチ(高1)。
エンダとタフチ、2人の出会いと、驚きの事実が明らかになる感動の長編エピソードを含めて、ツイッターの投稿作に80ページを超える大ボリュームの描き下ろしを収録。
『バイトの古森くん』の作者せかねこが描く、萌え以上恋愛未満なニヤキュン学園コメディ、待望の書籍化。

エンダ「タフチ発見!」
タフチ「あ エンダ先輩 こんにちは 体育ですか?」
エンダ「うん 終わった! バスケした! ねえねえ聞いて 私めちゃめちゃシュートしたんだよ!」
タフチ「へーすごいですね 見たかったです」
エンダ「へへーん! あっ 次も移動教室だった 行かなきゃ」
タフチ「ちゃんと汗拭いてから着替えてくださいね 今 暑いからって薄着のままずっといちゃダメですよ」
エンダ「うん わかった」
タフチ「手洗いうがいもしっかりしてくださいね」
タフチ友人「お前の中でエンダ先輩って園児扱いなの?」

©Sekaneko/KADOKAWA
引用元:Comee.net

↓試し読みができるサービス↓

 

特集・インタビューカテゴリの最新記事