【インタビュー】必然的に生まれてしまう狂気を描く……!『君に愛されて痛かった』知るかバカうどん先生の世界を徹底解剖

【インタビュー】必然的に生まれてしまう狂気を描く……!『君に愛されて痛かった』知るかバカうどん先生の世界を徹底解剖
     

漫画と酒と日本語ラップをこよなく愛する人。漫画蔵書5000冊以上。漫画はオールジャンルなんでも読みます。お酒もオールジャンルなんでも飲みます。元よしもと漫画研究部副部長。現在は人生模索中。

   

裏切りと救い

河野: 小さい頃から漫画家にはなりたかったですか?

うどん: 幼稚園くらいの頃からよく絵は描いていたので少しはその気持ちはありましたね。でも絵を描いてたら親に破かれて捨てられるんですよ。「勉強しなさい!」って。

河野: 家庭が厳しかったんですね。

うどん: 厳しかったともちょっと違うんですよね。

河野: なるほど……。漫画を読むのは好きでしたか?

うどん:  お母さんが買って家にあった漫画を読んでいましたね。安野モヨコ先生の『ハッピーマニア』とか。「ばりエロいなこの漫画!」って思いながら読んでいましたね。『るろうに剣心』と『花より男子』も家にあったので読んでたなぁ。

河野: 今でも漫画読みますか?

うどん: あまり読まないですね。私漫画嫌いなんですよ。

河野: えー!そうなんですか!?

うどん: 漫画を好きで読んでいたのは小学校6年生まででしたね。すっごく好きな漫画があったんです。その当時私いじめられていて、その漫画を読むために生きていたんですよ。でも急にその漫画が打ち切りで連載終了してしまったんですね。その時に「この漫画家は私のことを裏切った!」って思ったんです。漫画で救われたいから読んでいたのになんで急に終わんねんって思ってその時から漫画読むのやめましたね。

河野: 漫画全てを恨むようになってしまったんですね。

うどん: 恨んでますね。だから好きな漫画家とかもいないですし。絵が上手いからって理由で好きな人はいますけど、漫画が面白いから好きって人はいないです。

K澤: うどん先生が漫画を読む時は自分の漫画に活かすためですよね?

うどん: そうそう。ある種の取材みたいな感じで読んでいます。

河野: 恨んでいた漫画家にご自身がなられたのはどんな感覚なんでしょう?

うどん: 私、漫画家になったんですかね?(笑)自分の事ニートだと思ってますから。

河野: 漫画家ですよ!(笑)先程漫画に裏切られたとおっしゃっていましたが、自分で漫画を描くことによって救われている部分はありますか?

うどん: 救われるかぁ……。はい、救われてはいますね。けど描いていて呪いみたいだなってよく思います。

河野: 呪いと言いますと?

うどん:  人間1番楽な時って何にも考えていない時だと思うんですよ。漫画を描くって物凄く色々考えなきゃいけないので、呪いやなって。本当は何にも考えたくないんですよ。

K澤: でもその考え抜いた漫画を世に出して、反響を得ることで承認欲求が満たされるわけですよね。

うどん: そうですね。でも承認欲求なんかな……?承認欲求と言うよりは自己肯定ですね。「自分の考えた漫画が正しいと思われた、自分は間違っていなかったんやな、良かった。」って思えてその日は寝れますね。でも起きてまた描く時に「あ゛ぁー!」ってなる。呪いですね。

河野: まさに呪いですね。終わらない連鎖といいますか。でもそれってもう描かずにはいられないって状態になっちゃっていますよね?

うどん: そうですね。その状態です。

河野: 『君に愛されて痛かった』は一度打ち切りになって媒体を移籍しての再連載という形ですが、再び描くことになったのは描き切るという強い意志があったからでしょうか?

うどん: そうですね。さっき話した私が漫画を恨むキッカケになった漫画家さん、その人のようにはなりたくなかったんですよ。

河野: 漫画に裏切られたけど漫画を裏切る訳にはいかないということですね。

衝撃の第1話冒頭への必然

河野: 『君に愛されて痛かった』は第1話で「最終的にこうなってしまう」と言うことが明確に描かれていますよね。そこに至るまでの構成は出来上がっていますか?

 

©知るかバカうどん/新潮社

 

うどん: なんもない!(笑)

河野: そうなんですか!?(笑)

うどん:  必然を作っていってるだけですね。

河野: 最終的にその必然に行き着くように色んなパターンの必然を作っていってるという事ですか?

うどん: そうですね。無理矢理あのシーンに繋げるっていう訳ではなくで、自然にそうなるように必然を作っていってるって感じですね。

河野: どのようにしてあのシーンに至るのかすごく楽しみです!あのシーンは決まっていることですもんね?

うどん: 夢オチだったら冷めるでしょ?(笑)

河野: 冷めますねぇ!(笑)

うどん: でも本当はそれが1番幸せな世界なんですけどね(笑)

絶対叩かれたくない!とにかく研究した野球シーン

河野: 『君に愛されて痛かった』を描く上で気をつけている部分はどこですか?

うどん: 何をするにしても共感力が無いものは売れないし評価されないと思っていますね。それこそキャラクターが身につける物や持ち物1つでそのキャラの背景、どんなキャラなのかが見えるのでその辺は気を使って描いています。

河野:  確かにその通りですね。ほかにもこだわって描いている部分はありますか?

K澤: 野球のシーンこだわってませんでした?

 

©知るかバカうどん/新潮社

 

うどん: あれは普段やらんことやからやろうって思っただけで、こだわったというよりはやらねばあかんなという思いで描きましたね。

K澤: あのシーンの為だけに野球の経験者に監修してもらっていくつか修正しましたからね(笑)

河野: それはこだわって描いたと言っていい部分だと思いますね(笑)

うどん: 失敗するの怖いんですよ。特に野球のシーンで失敗したら「なんJ(※)」に上げられてボコボコに叩かれるかもしれないじゃないですか!(笑)

※なんJとは5ちゃんねるの掲示板「なんでも実況J(ジュピター)」を指すネットスラング。掲示板名の「実況」は「実況中継」の略で、野球中継を中心に、テレビ番組を見ながら書き込みが行われる。

 

河野: あはは!確かに!(笑) 他の漫画ですけど、野球シーンの間違いが叩かれているのをまとめサイトで見たことあります!(笑)

うどん: 怖いです(笑)野球のシーンが入っている話は28ページだったんですけど、描くのに42日かかったんですよ!二度と描きたくないけど描かないといけないんで描きます。

K澤: 打ち合わせで「野球が主題の漫画じゃないのでここに労力をかけるのはどうなんでしょうか?」みたいな話もしましたよね(笑)

うどん: あの時はK澤さんにキレそうになりましたね!「わかってない!叩かれるのは私やぞ!」って!(笑)

河野: 何も気にせず読んでいました(笑)手を止めずにスルーして読めたってことは違和感なかったってことですからね。

うどん: あぁ良かった! ありがとうございます。これで今日は寝れる(笑)

上京の意外な理由

河野: 『君に愛されて痛かった』のキャラクターで自分に1番似ている部分を持っているキャラは誰ですか?

うどん: うーん……。一花ですかね。

K澤: そうですか?(笑)

うどん:  全員の気持ちは一応わかるんですけど。一花ってすごいワガママじゃないですか。私もワガママなんで似ているなぁと思います。けど、客観的にみたら多分「かなえちゃん」ってみんな言いますね。

K澤: そうですね(笑)みんなかなえって言うと思います(笑)

うどん: それめちゃくちゃ嫌なんですけどね(笑)

河野: いやぁ、色々と面白いお話しを聞かせて頂きました。半分以上書けそうにないですけど(笑)

うどん: そうですよね(笑)

河野: 最後に全然関係ない質問なんですけど、好きな芸人って誰ですか?

うどん: 「江頭2:50」。エガちゃんですね!  エガちゃんが話題にあがる時は大抵エガちゃんが暴れる時なんですけど、エガちゃんは謙虚で一生懸命で真面目で常識がある方だと思うんです。そういう部分がピックアップされないのは「1クールのレギュラーより1回の伝説」の筋を通した結果なんだろうなあと。筋を通して生きてる人はなかなかいないんで私はエガちゃんが好きです。

河野: すごいですよね。本当にとんでもない芸人さんだと思います。

うどん: あー! そや! 私元々大阪に住んでいて、東京に出てきた理由は仕事の面だったり家族間の面だったり色々あるんですけど、上京を決意した理由の1つはエガちゃんに会いたかったからなんですよ!

河野: へー! そうなんですか!

うどん: エガちゃん毎月2回ラジオやってたんですよ。『江頭2:50のピーピーピーするぞ!』っていう。ラジオというかネット配信番組といいますか。

河野: やられてましたね。DVD化もされてますよね。

うどん: ピーピーピーの公開収録をどうしても観に行きたかったんですけど、私が上京した時には公開収録はもう無くなっていて。理由はお客さんにセクハラしまくったかららしいですけど(笑)上京したのにエガちゃんに会えずじまいでショックでしたね。

K澤: 初めて聞きました。これ初出し情報ですよね?(笑)

うどん: 初出し情報です(笑)

河野: まさか上京の理由としてエガちゃんが関わってくるとは思わなかったです!(笑)知るかバカうどん先生、どうもありがとうございました!

うどん: こちらこそありがとうございました。

 

お忙しい中、Comee宛にサイン色紙を描いてくださりました!うどん先生、ありがとうございます!

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?
過激発言や移籍のウラ話まで様々な書けない話の連発でした!
(書けないとわかっていても面白かったので聞きすぎた僕が悪いのですが)

ただ、その分書ける部分も濃い話を聞けたんじゃないかなと思います。

自身の周りの事は全て取材対象という考えの通り、こちらの話で気になった部分があったら即座にメモを取る姿が印象的でした。

先生とお話をする中で、先生の中にある、人間関係の中で生まれてしまう避けられない現実に対する想いに、共感する人や救われる人がいるということも伝わり、なぜこんなにも先生が支持されているのかがわかった気がします。

内容こそ過激ですが、先生の訴えたいことが詰められた考えさせられ作品です。

是非、気になった方は作品を手にしてみてください。

 

【知るかバカうどん先生の情報】

Twitter

pixiv

tumblr

まんが王国『君に愛されて痛かった』

 

中学時代に遭ったいじめがトラウマで、同級生の顔色ばかりを気にする女子高生・かなえは、援助交際で承認欲求を満たす日々を過ごしていた。ある時、カラオケ合コンで知り合った他校の男子・寛に援助交際の現場を目撃される。それでも優しく接してくれる寛にかなえは恋をする。その想いが悲劇の幕を開くことに――。愛に飢え過ぎた少女の、小さな願いが辿り着く結末は?

©知るかバカうどん/新潮社

↓試し読みができるサービス↓

 

君に愛されて痛かったを読むには

今回紹介した漫画は1巻から最新巻まで全てU-NEXTで読むことができます!全部読んでみたい方におすすめ。

そして今なら31日間無料アニメも見放題!漫画やラノベも35万冊以上のラインアップです。

U-NEXTはこちら

特集・インタビューカテゴリの最新記事