『ブラッククローバー』フィンラル・ルーラケイスが王撰騎士団選抜試験で気絶しなかった場合、王撰騎士団に入れたかどうか考察する

『ブラッククローバー』フィンラル・ルーラケイスが王撰騎士団選抜試験で気絶しなかった場合、王撰騎士団に入れたかどうか考察する
     

ごらくライブラリ(https://goraku-library.net)という、サブカル中心の雑記系ブログを運営しております。
記事を読んでくれた方に、作品の知識を深めてもらい、より楽しめるようになれるような記事を書いていきます!

   

フィンラル・ルーラケイスは本作の主人公であるアスタと同じ魔法騎士団「黒の暴牛」に所属する魔法騎士でしたね。

王撰騎士団 (ロイアルナイツ)選抜試験では異母弟であり魔法騎士団「金色の夜明け (こんじきのよあけ)」の副団長であるランギルス・ヴォードの攻撃によって重症を負い気絶してしまったので、王撰騎士団に入ることはありませんでした。

今回はフィンラルがランギルスの攻撃によって気絶しなかった場合、王撰騎士団のメンバーに選ばれていたのかどうかを考えてみたいと思います。

フィンラル・ルーラケイスとはこんな人物

フィンラルは女好きな人物であり、街に出かけた際には通りがかったに女性対してよくナンパをしています。
時には任務に支障をきたすこともあるほどです。

何かあるたびに逃げ出したいと思うビビリな性格を持ちますが、「黒の暴牛」のメンバーの事をとても大切にしており、仲間の身に危険を感じた場合は、自分の命が危険に晒されるような状況になろうとも懸命に戦いました。

彼の使う空間魔法は、空間と空間を繋げることで、2つの空間同士を自由に移動する事ができるようになる効果があります。
その魔法の便利さから、黒の暴牛の団長であるヤミ・スケヒロからは移動係としていいように利用される事もありました。

フィンラルは魔法を使う才能がなく、どれだけ練習しても攻撃用の魔法を覚える事が出来ませんでした。
なのでフィンラルには攻撃用の魔法を一切覚えていないという弱点を抱えています。

しかし味方をサポートする能力には長けており、作中ではその能力を活かす事で黒の暴牛の仲間達の勝利に貢献しております。

海底神殿編にて黒の暴牛のメンバーがテロ組織・「白夜の魔眼」の幹部のひとりである「絶望」のヴェットと戦った時には、得意の空間魔法を使用して仲間を攻撃しやすい場所に移動させたり、敵の攻撃が当たらない位置に移動させたりしていました。

フィンラルが王撰騎士団に入る可能性があったのか考察する

今から王撰騎士団選抜試験でのフィンラルについての情報を整理しながら、彼が王撰騎士団選抜試験で気絶しなかった場合、王撰騎士団に入れたかどうか考察していこうと思います。

フィンラルは攻撃魔法が使えない

フィンラルには攻撃魔法が使えないという致命的な弱点が存在します。

王撰騎士団選抜試験では、触れた相手を強制的に別の場所に空間移動させる”堕天使のはばたき”という魔法を使う事で、その弱点を克服しようと試みました。
しかし白夜の魔眼との戦闘を考慮した場合、堕天使のはばたきでの移動した相手は再び戦場に戻ってくる可能性が高く時間稼ぎにしかなりません。

たとえフィンラルが優れたサポート能力を持っていたとしても、攻撃魔法を使えない事は、王撰騎士団のメンバーを選ぶ際の大きなマイナスポイントになってしまうはずです。

王撰騎士団選抜試験では大活躍を見せた

フィンラルは王撰騎士団選抜試験では、黒の暴牛のみんなと戦う時のように戦況を把握しながら絶妙なタイミングで味方を送り込み、仲間が全力で攻撃できるためのサポートをします。
彼の活躍はサポートを受ける味方はもちろん、観客から見ても強力だと思えるほど優れており、フィンラルを絶賛する人も多くいました。

またランギルスのチームと戦った際には、一人でランギルスの使う触れた空間を消し去る超攻撃的な空間魔法から魔晶石を死守しようと試みます。
戦いの途中にランギルスに白夜の魔眼幹部の三魔眼と同質のおぞましい魔力が発現したことで、ただでさえ強力なランギルス魔法がさらに強化されてしまいます。

フィンラルにはランギルスの強くなった魔法を防ぐのは困難だったようで、最終的には魔晶石を守り抜くことに失敗した上に、自身も怪我を負い目覚めるかどうかわからない状態になってしまいましたが、短い時間ですが魔法騎士団の副団長であるランギルスの攻撃を防げたという実績は大きいかと思います。

王撰騎士団選抜試験ではランギルスのチームに敗退してしまったものの、フィンラルはチームの活躍に大きく貢献していたため、良い評価を得ていたはずです。

空間魔法の使い手は希少なのでは?

フィンラルのサポートやランギルスの空間をえぐる攻撃を見ていると、空間魔法は非常に強力な魔法だということが分かりますね。
しかし空間魔法は使い手が少ないというデメリットを抱えており、フィンラルはその魔法の希少さのため王撰騎士団のメンバーとして採用される可能性も考えられます。

ランギルスは王撰騎士団選抜試験にて、三魔眼と同質のおぞましい魔力が発現した為、スパイの容疑がかけられしまい、王撰騎士団には入れませんでしたね。

フィンラルとランギルス以外の空間魔法の使い手として、魔法帝の側に使えるコブ・ポルタポルトという人物がおります。
彼は空間魔法を使用することで一気に大勢の人物を移動させることができます。
その魔法の有能さを買われて試験を受けていなかったのにも関わらず王撰騎士団に入団していました。

空間魔法を使う人物は少ないため、フィンラルもコブと同じく王撰騎士団に招集される可能性が高そうでしたね。

まとめ

フィンラルは王撰騎士団選抜試験にて、空間魔法を活かして仲間をサポートする事で、多くの人間が注目せざるを得ないほどの活躍を見せました。

その上、彼の使う空間魔法は便利性が高いものの使用できる人間が非常に少なくなっており、空間魔法が使えるという理由だけでも王撰騎士団に入れる価値はあると考えます。

ですのでフィンラルは王撰騎士団選抜試験で気絶しなかった場合、その能力を買われて王撰騎士団のメンバーに入れたと考えます。

王撰騎士団選抜試験ではランギルスのおぞましい魔力の謎など、今後の展開を左右するようなシーンや伏線が数多く存在します。
これからの本作を楽しむために是非読み返してみて下さい!

 

 

魔法がすべての、とある世界――。生まれながらに魔法が使えない少年アスタは、己の力を証明するため、そして友との約束を果たすために、魔道士の頂点“魔法帝”を目指す! 少年魔法ファンタジー、ここに開幕!!

引用元:Comee.net

↓試し読みができるサービス↓

 

 

考察してみたカテゴリの最新記事