『NARUTO-ナルト-』青がどのようにして白眼を入手したのか考えてみる

『NARUTO-ナルト-』青がどのようにして白眼を入手したのか考えてみる
     

ごらくライブラリ(https://goraku-library.net)という、サブカル中心の雑記系ブログを運営しております。
記事を読んでくれた方に、作品の知識を深めてもらい、より楽しめるようになれるような記事を書いていきます!

   

霧隠れの里の忍であるはずの(あお)はどのようにして白眼を入手したのでしょうか?

本来ならば白眼は日向ネジ (ひゅうがねじ)や”日向ヒナタ(ひゅうがひなた)など、木ノ葉隠れの里の日向一族の忍しか使えない血継限界であるはずです。

青は白眼は日向一族との戦闘で奪ったものだと思われますが、作中では深く述べられていなかったので、考察していきたいと思います。

青とはこんな人物

第四次忍界大戦前に行われた五影会談にて、五代目水影・照美メイ (てるみーめい)の護衛役として初登場した霧隠れの里の忍です。

厳格な人物であり、同じく水影の護衛として選ばれた長十郎(ちょうじゅうろう)が弱気なことを言うたびに説教をしてしまいます。

青は木ノ葉の日向一族の持つ血継限界であり、優れた透視能力と幻術を見破る能力を持つ瞳・”白眼”を右眼に所有しておりました。

五影会談では会談の話の流れに違和感を感じた瞬間に白眼を発動したことで、木ノ葉の志村ダンゾウ(しむらだんぞう)が幻術を発動して会談の流れを操っていたことを見破りました。

青はどのようにして白眼を入手しただろうか?

本作は青がどのようにして白眼を入手したのかが描かれないまま終了してしまいました。
そこで今回は作中の情報を整理しながら青の白眼の入手経路を予想していきます。

元々は日向の分家のものだと思う

日向一族は宗家と分家に分かれており、宗家は一族を束ねて白眼を守ることを使命としており、分家は宗家に仕えることを使命としております。
もし日向一族のリーダーとも言える宗家の忍が誘拐されてしまった場合、木ノ葉にもその情報は確実に入ってくるはずです。

ダンゾウは五影会談で青が白眼を使うことは想定しておらず、霧隠れの里が白眼を持っていると言う情報を知っていませんでした。
ですので青の白眼はもともと日向一族の分家の忍のものだったと思われます。

また日向の分家の忍が死亡してしまった際には、額の呪印が発動してしまい白眼の能力は封印されてしまいます。
青が白眼を入手するためには、生きている状態で日向の分家の忍から白眼を奪わなければいけません。

霧隠れの里では血継限界は好ましく思われていない

青の所属する霧隠れの里では内戦が多く、血継限界を持つ人物は様々な争いに利用されてしまったので、国から災厄と戦禍もたらすと言われ忌み嫌われていました。

血継限界を持つ人を嫌う霧隠れの里の忍が白眼という優れた血継限界を持つ日向一族を捕虜とした場合、目玉をえぐるなど酷い拷問をする可能性もあり得ます。

日向一族を拷問するついでに、生きたまま白眼を取り除き、青に移植したのではないかと考えました。

霧隠れの里に青以外に白眼を持つ忍がいない理由を予想

青は木ノ葉隠れの里の山中フー (やまなかふー)の、傀儡に攻撃した敵の精神を乗っ取る心転傀儡呪印の術を食らっている最中に、フーに対して「霧が唯一保有する貴重な白眼…簡単には取り返せると思うな」と語っています。
このことから霧隠れの里で白眼を所持している忍は青しかいないことが予想できます。

日向の忍は両目とも白眼を持っているはずなのに、霧隠れの里の所持する白眼は1つしかないのはおかしいと思う人もいるかもしれません。

本来なら眼球の移植は非常に難易度が高いものです。
木ノ葉の上忍のはたけカカシはうちは一族ではないのにも関わらずうちはの血継限界である”写輪眼”を所持していますが、その写輪眼は医療忍者であるのはらリンによって移植されたものでした。

木ノ葉には伝説の三忍であり医療忍術のスペシャリストの綱手(つなで)がいるため、医学に関しては他の里よりも研究が進んでいるはずです。
また白眼や写輪眼のような、瞳に特別な力が宿る血継限界は基本的に木ノ葉にしかなく、霧隠れの里は目の移植の技術がなかったのだと予想します。

霧隠れの里はもう片方の白眼も別の人物に対して移植を試みたものの、確実に成功させるための技術や知識を持っている人物がおらず、青の時しか白眼の移植に成功しなかったのではないかと考えました。

まとめ

青の白眼は、霧隠れの里が日向の分家の忍を捕虜として捉えて拷問した後、その忍が持っていたものを移植したものだと考えました。

第四次忍界大戦によって五大国が一つになったことで本作のラストでは平和が訪れましたが、それ以前は忍同士の争いが多く、各国で問題も多く抱えていたと思います。

そのような部分を思い出しながら、本作を読み返してみると、新しい発見ができるかもしれませんね。

 

ここは木ノ葉隠れの里。忍術学校の問題児、ナルトは今日もイタズラ三昧!! そんなナルトのでっかい夢は歴代の勇者、火影の名を受けついで、先代を越える忍者になることだ。だがナルトには出生の秘密が…!?

引用元:Comee.net

↓試し読みができるサービス↓

考察してみたカテゴリの最新記事