『ハチワンダイバー』感想!真剣師による命とプライドを賭けた対決が熱い!

『ハチワンダイバー』感想!真剣師による命とプライドを賭けた対決が熱い!
     

ごらくライブラリ(https://goraku-library.net)という、サブカル中心の雑記系ブログを運営しております。
記事を読んでくれた方に、作品の知識を深めてもらい、より楽しめるようになれるような記事を書いていきます!

   

今回紹介する漫画『ハチワンダイバー』は将棋漫画です。

最近将棋をテーマにした作品でヒットしたのは、主人公がプロ棋士の作品が多いため、将棋漫画と聞くとプロ棋士同士の激闘を描いたような話を想像しまう方も多いと思います。

しかし本作の主人公はプロ棋士ではなく、賭け将棋によって生計を立てている「真剣師」。
プロ棋士とは思想の違う真剣師の世界を描いた、意外性のあるストーリーが楽しめます。

この記事では本作の魅力を伝えていきます。

『ハチワンダイバー』のあらすじ

本作の主人公・菅田健太郎(すがた けんたろう)はプロ棋士になるという夢を叶えるために幼い頃から努力をし続けるものの、将棋連盟の定めた年齢制限の為にその夢を断念せざるを得なくなってしまいました。

夢を敗れてからも将棋から離れることができなく、素人を相手にした“真剣”でお金を稼ぐ生活を送っていたところ、強すぎて対局を避けられてしまうようになります。
しかしそんな中、「アキバの受け師」という異名を持つ中静そよ(なかしず そよ)という真剣師の名を知ります。

絶対に負けるはずがないと菅田はそよに対局を挑みに行くのですが、まさかの敗北という結果に。

その敗北をきっかけで菅田は真剣師として生きて行くことを誓い、徐々に将棋に対する情熱を取り戻して行きます。

『ハチワンダイバー』はここがすごい!

対局の様子が分かりやすい

本作に興味があるものの将棋のルールが分からないので、読んでも楽しめないのではないかと考えている人もいるかと思いますが、決してそんなことはないです。

『ハチワンダイバー』では将棋を指しているキャラクター同士がバトル漫画のように戦っているような描写があったり、対局中の心理状況も描かれていたりするので、誰でも戦況が一目で分かるようになっています。

そのほか、用語などもわかりやすく説明されており、将棋の知識がない人でも対局の様子がわかるような配慮されているので、どんな人でも本作を楽しむことができます。

予想外のストーリー

将棋をテーマにした作品は主人公がプロ棋士になっていたり、プロ棋士を目指している事が多いです。
しかし本作の主人公は「真剣師」という将棋物としては特殊な設定である為、最初から将棋物の王道から外れており、必然的に予想外な展開ばかりになってしまいます。

例えば、本作特有の王道から外れた設定として真っ先に思い浮かぶのは、敵組織「鬼将会」の存在。

鬼将会は谷生(たにお)という男が組織した、多数の真剣師を擁する謎の組織です。
ヤクザの代わりに将棋を打ちながらヤクザとの情報戦に勝ち抜くことで力をつけていき、やがて自分たちを雇っていたヤクザを乗っ取ってしまうほど勢力を拡大していきました。

鬼将会はヤクザをも恐れる凶悪な組織となっているものの、本部の場所や組織の目的などの詳細な情報は一切不明であり、謎に包まれております。
鬼将会にとって将棋の勝敗が全てであり、鬼将会のメンバーとの将棋に負けてしまった場合、指を切断するなどの対価を払わなければいけません。
作中では鬼将会に敗れたのがきっかけで財産を失ってしまいホームレスになった人や、片腕を失った人まで登場しました。

本作を読み進める度に鬼将会のおぞましい悪事の数々が明らかになり戦慄してしまうものの、それと同時に鬼将会の謎や秘密を暴きたいと思ってしまい、続きが気になってしまいます。

鬼将会のような他の将棋漫画には登場するとは思えない悪の組織の存在により、物語は誰も見たことの無いような展開になってしまうのです。

真剣師同士の負けられない戦い

『ハチワンダイバー』に登場する真剣師たちは、人生のほとんどの時間を将棋に捧げています。
将棋にかける情熱はプロにも劣りません。

主人公の菅田は将棋の実力だけがプライドであり、敗北してしまった場合には何ページにも渡って折れてしまいそうな精神状況をなんとかしようとする姿が描かれます。

真剣師たちにとって将棋に負けるということは己のプライドを折られるのと同義であり、己の矜持を守る為にも絶対に敗北は許されません。

菅田以外の真剣師たちも同様に自分の実力に対してプライドを持っております。
彼らは自分たちの持つプライドを守るために、本気で将棋に取り組み、熱い戦いを繰り広げてくれるのです。

その上本作における最大の敵である鬼将会はヤクザも恐れる残虐な組織である為、時には真剣師に命懸けの戦いをさせることもありました。

真剣師たちが将棋をする時にはプライドや命など、お金以上に大切にしている物を賭ける必要があります。

ですのでページを開けばいつでも、真剣師同士の飽きることのないスリリングな対決を見ることが出来るのです。

まとめ

今回は賭け将棋を生業としている「真剣師」達の戦いを描いた漫画『ハチワンダイバー』を紹介しました。

主人公が真剣師という設定を活かした予想外なストーリーはとても面白いので、読んでいると続きが気になって読み進める手が止まらなくなってしまいます。

また対局の様子も分かりやすく描写されているので、将棋に関する知識がない方でも楽しめるはずです。

 

表のプロとは違う、賭け将棋をなりわいとする「真剣師」の青年・菅田。アマ最強を自負する彼を倒したのは、秋葉原の女真剣師だった! テンション無限大! 81マスの宇宙を舞台に繰り広げられる破天荒将棋バトル、ここに開幕っ!!!

引用元:Comee.net

↓試し読みができるサービス↓

 

オススメ紹介カテゴリの最新記事