【インタビュー】2巻発売記念!『お兄ちゃんはおしまい!』の制作秘話や今後の展開などのウラ話まで質問攻め!

【インタビュー】2巻発売記念!『お兄ちゃんはおしまい!』の制作秘話や今後の展開などのウラ話まで質問攻め!
     
元少女漫画大好き芸人。
少女漫画歴22年、生涯で10000冊以上、5000作品以上の少女漫画を読んでいます。
男りぼんっ子です。男目線で少女漫画の魅力を語ります。
   

『お兄ちゃんはおしまい!』の様々な活動

同人誌版やドラマCDも

田舎: ちなみに先生は、単行本以外にも同人誌でも出されていますよね。

ねことうふ: はい。出しています。

田舎: これって中身は違うんですか?

ねことうふ: 単行本には描き下ろしがありますけど、基本的にはほとんど一緒です。元々同人誌でやっていた作品なので、単行本化するときも「同人誌は続けさせてほしい」とお願いしまして。同人誌版では単行本より早く最新話をお届けできる形になっています。両方買ってくれているファンの方も多いようで、本当にありがたいです。

田舎: そうだったんですね。ネットでもかなり読めますよね。

ねことうふ: 『お兄ちゃんはおしまい!』を描いた時、最初から全部公開するつもりでいました。

田舎: どうしてですか?

ねことうふ: オリジナル同人誌を描くサークルとして全く認知されていない中で、いきなりコミティアで本を出すのは無謀だと思って。誰も知らない作品は売れないんです。

田舎: なるほど。ビジネス的な部分も考えられているんですね。

ねことうふ: そういうのを考えるのも好きなんです(笑) 『お兄ちゃんはおしまい!』はドラマCDなんかも作ってまして。

田舎: あ、そうですよね! どういう経緯で作られることになったんですか?

ねことうふ: 折角のオリジナル作品なので、自分の手の届く範囲でいろいろ展開していきたいなと思いまして。制作会社の友人に協力してもらって、豪華キャストで本格的なものを作らせていただきました。ちゃんとディレクターさんにも入ってもらって。

田舎: かなり本格的ですね! 声優さんはどうやって決まったんですか?

ねことうふ: まずディレクターさんにイメージにあいそうな声優さんの候補を出してもらって、その中から私の好みで選ばせていただきました。贅沢な話ですよね。

田舎: じゃあ本当に納得できる形で実現できたんですね。

ねことうふ: そうですね。先日の冬コミで新しくミニドラマCDを作ったんですけど、二度目の収録でキャストの皆さんもしっかりキャラを把握してくれていて。とても可愛いく仕上がっているので是非こちらも聞いてみてください!

田舎: 楽しみです! ドラマCDを聞いてアニメ化にも期待が膨らみました! 作品の設定的にもアニメで新たな魅力も引き出せますよね。

ねことうふ: あはは(笑) アニメは流石に自分の手の届く範囲では無いので、オファーお待ちしております(笑)

積極的に露出の機会を作る

田舎: pixiv以外に、ニコニコ静画でも投稿を始められたのはきっかけとかありますか?

ねことうふ: 最初は pixiv だけで投稿していたのですけど、投稿する場所は多いに越したことはないと思いまして。ニコニコ静画も大きなプラットフォームなので投稿してみたところむしろそっちの方がコメントの反応がよかったみたいな感じですね(笑)

田舎: コメントの量がすごいですもんね。

ねことうふ: そうですね。コメントをもらえるとやっぱり嬉しいです。

田舎: コメントで一番嬉しかったものとかってありますか?

ねことうふ: 本当に全部嬉しいですね。強いて言えば、みんなが「生きがい」ってコメントしてくれるんですけど、

田舎: あ、見ました! 各エピソードの1ページは「生きがい」コメントに溢れてますよね!(笑)

ねことうふ: そうなんですよ(笑) 商業で連載していると休載の時なんかは「やった休みだ」なんてこともやっぱり思ってしまうんですけど、 ああいうダイレクトにコメントもらうと何とかして描きたいと思うんですよね。

田舎: 待ってる人がいる!って思いますもんね。しかも先生の作品のコメントを見ていても、アンチコメントが少ないというか、好意的なコメントばかりですよね。

ねことうふ: そうですね。

田舎: 愛されているのが伝わるコメントばかりだと思いました。

ねことうふ: ありがたいですね。

田舎: あんなにコメントされている漫画って多くはないですもんね。

ねことうふ: そういえばちょうど先日「ニコニコマンガ年間ランキング2018」が発表されていたんですけど、ユーザーマンガ部門の「最もコメントが多かった作品」で第2位に選ばれていました。

田舎: えー! そうなんですね! おめでとうございます!

ねことうふ: ありがとうございます。実は「ユーザーマンガ部門の総合部門」でも第4位に選んでもらえて。

田舎: おめでとうございます! めちゃくちゃすごいですね。

連載最新話までのお話と今後の展開について

 

※こちらの見出しは連載中の情報(1巻に収録されていない内容)のネタバレが含まれます。

 

気になる最終回の結末は

田舎: 『お兄ちゃんはおしまい!』って最終回の展開ももう考えられているんですか?

ねことうふ: 細かい部分まではまだ決めていないんですけど。やっぱりTSモノの最後って、元に戻るか戻らないか…ですよね。

田舎: まひろちゃんはどっちの結末を迎えるんでしょう……! 22話のタイミングでは一度女の子のままでいることを選びましたよね。

ねことうふ: 実は本当はあの辺りで終わるつもりだったんですよ。元々はそんなに長く続ける予定はなくて、同人誌にしても3巻ぐらいで終わろうかと考えていました。

田舎: えー!

ねことうふ: なので、一回元の姿に戻るトラブルが起きてけど結局元に戻らなかったというオチですね。それでみはりちゃんが中学校の制服を持ってきて、「中学に通ってね」と言われてまひろちゃんが「えー」ってなって終わる流れだったんです(笑)

田舎: そうだったんですね。反響が良くてそのまま続けることになったんですか?

ねことうふ: そうですね。 間の話もどんどん増えて。まだまだやりたいなと思ってます。

田舎: うわー、最終回がどうなるのかすごく気になります!

ねことうふ: あはは(笑)

田舎: でもそれこそ『クレヨンしんちゃん』『サザエさん』みたいにずっと続けるシステムもできる設定ですよね。

ねことうふ: あ、でもちょっと難点があって。TSモノの宿命と言うか。 女の子に慣れちゃうと、ただの普通の女の子になってしまうので描くことがなくなっちゃうんですよ。

田舎: はっ! 確かにそうですね!

ねことうふ: だからTSモノって短いものが多いんです。 多分限界があるんですよね。

田舎: なるほど!

ねことうふ: TSモノの一番面白いところってやっぱり女の子になってすぐの部分なので。

田舎: 確かに、突然の性別の変化に戸惑う部分が見どころですもんね。

ねことうふ: ただ、この作品に関しては今のまひろちゃんが可愛いという反応が多いので、それこそ『きらら』系の漫画みたいに可愛い女の子たちのわちゃわちゃした様子のお話になってもそれはそれでいけるのかなとかも思ったりもします。

田舎: 確かに……(笑) ちなみにTSモノって男の子が女の子になってどんどんオシャレとか女の子らしいことにもはまっていくっていう流れが多い印象なんですけどやっぱりそれも王道展開なんですか?

ねことうふ: 王道中の王道ですね。

田舎: やっぱりそうなんですね。

ねことうふ: ですね。だんだん楽しくなってきて、 心も女の子になってきちゃうというような。大体そうです。

新たに出会いも増えていき……?

田舎: 連載開始をしてから今に至るまで、一番人気のキャラクターはやっぱりまひろちゃんですか?

ねことうふ: そうですね。主人公でヒロインなので。

田舎: 僕は楓ちゃんが好きです(笑)

©ねことうふ/一迅社2018

 

ねことうふ: 楓ちゃんも人気ですね。みんな好きっていってもらえて嬉しいです。最近では中学校編が始まったので登場キャラクターもちょっと増えてきました。

 

©ねことうふ/一迅社2018

 

田舎: 女友達が一気に2人も増えましたもんね。もちろん全員に思いれがあると思うんですけど、 先生自身もやっぱりまひろちゃんを一番可愛く見せたいんですか?

ねことうふ: そうですね。可愛く描きたいと思ってます。個人的に気に入ってるのは最近出てきた、あさひちゃんって子ですね。ああいう元気娘みたいな子が好きなので(笑)

田舎: なるほど、あさひちゃんも可愛いですよね。男の子のキャラはこれからもあんまりメインでは出されないんですか?

ねことうふ: そうですね。メインでは出すつもりはないんですけど、ただ TS モノのド本命的な展開をやりたいと思ったら男の子は必要で。 「男の子にときめいちゃう! どうしたんだ俺!」みたいな。

田舎: 確かにあるあるっぽいです。

ねことうふ: これはもう本当にど真ん中の話になるので(笑) そういうのは一度はやりたいと思ってますけど。

田舎: 学校に通い始めたので男の子と関わる機会も出てきますしね。

ねことうふ: 一応ちらっと男の子の生徒も出てきてるので、今後何かあるかもしれないですね。

田舎: うわー!

ねことうふ: まぁただ 読者の方もみんな、まひろちゃんのこと好きだと思うので。ぽっとでの変な男の子と付き合ったりしたら嫌じゃないですか(笑)

田舎: それはすごくわかります!(笑)

ねことうふ: その辺は期待を裏切らないようにできたらなとは思います。

田舎: やっぱり読者の方がどう感じるかっていうのをすごく考えられてらっしゃるんですね。

ねことうふ: そうですね。これで突然次の話から鬱展開になると嫌じゃないですか(笑)

田舎: そうですね!(笑)コメントでも顕著に見えますしね。

ねことうふ: 読者の方のコメントに全部追随するのもどうかとは思うんですけど、やっぱり求められてるところとか好かれるところとか、色々わかりやすいので反映しやすくて良いと思います。

田舎: ネットでできる強みでもありますね。

ねことうふ: そうですね。

読者の方へのメッセージ

田舎: 最後にファンの方へのメッセージをいただいてもよろしいでしょうか?

ねことうふ: んー難しいな(笑) ……読んでくださった方から「生きがいだ」とか「癒しだ」とかとかコメントを頂いていて、僕もこれからもそういう可愛い漫画を描いていきたいと思っています。期待を裏切ることはないと思いますのでこれからもぜひよろしくお願いします。

田舎: かっこいい……!(笑) ありがとうございました。

ねことうふ: とんでもないです。こちらこそありがとうございました。

まとめ

今回もとても面白いお話をたくさん聞かせてもらうことができました!

古くからのファンの方などはご存知かもしれませんが、ねことうふ先生とお話をしているときにとてもびっくりすることも伺いました。

ここ最近、映画館などでよく実施されている「応援上映」。
実はこの応援上映を一番最初に作ったのはなんとねことうふ先生らしいです!

初めて応援上映が行われたのは『劇場版 魔法少女リリカルなのは』だそうなのですが、 先生がこの作品の映画館で映画を観ながらみんなで応援するような漫画を描いてSNSに投稿したところ、それを見た人が「これを実際にやろう」となり、先生も一緒に運営し、実現したとのことでした……!

応援上映ができた背景に先生が関わっていたなんてとても驚きです。

インタビュー後にはComee宛と読者の方へのプレゼントキャンペーン用にまひろちゃんの可愛いイラストを描いてくださりました!

 

 

まひろちゃんの可愛らしいくせ毛は、ニートでずっと家でゴロゴロしてるから髪はボサボサだろうというところから髪ハネしているとのことでした!(笑)

ざっくばらんに色々なお話をしてくださり本当にありがとうございました。

 

引きこもりの青年・緒山真尋は妹・みはりに怪しげな薬を飲まされて女の子になってしまう。トイレにブラジャー…女の子の生活は知らないことばかり。お兄ちゃんの運命は…!? WEBで大好評のTS漫画がついに単行本化!! ここでしか読めない描き下ろし漫画も特別収録!!

引用元:Comee.net

↓試し読みができるサービス↓

 

プレゼントキャンペーン

■キャンペーン概要
Comee公式Twitterアカウントをフォローし、応募方法に沿ってご応募された方の中から、抽選で1名様にねことうふ先生直筆イラスト入りサイン色紙をプレゼント!

■応募期間
2019年01月26日~2019年02月01日 23:59

■応募方法
(1)Comee公式Twitterアカウント(@Mr_Comee)をフォロー
(2)Comee公式Twitterアカウントがツイートする対象のキャンペーン投稿をリツイート
(3)インタビュー記事の感想、または先生への応援メッセージをリプライ

■公式TwitterアカウントURL
https://twitter.com/Mr_Comee

■賞品
ねことうふ先生直筆イラスト入りサイン色紙 1名様

■抽選・当選者の発表
厳正なる抽選の上、2019年02月08日(予定)までに、ご当選者様のTwitterアカウントへDM(ダイレクトメッセージ)にてご連絡いたします。

■注意事項
・当選者の発表は商品の発送をもって代えさせていただきます。
・当選結果に関するお問い合わせにはお答えいたしかねます。ご了承ください。
・賞品の譲渡・転売・換金することを固く禁止させていただきます。
・本キャンペーンは予告なく変更・中止させていただく場合がございます。
・本サービスへのアクセス集中や通信回線の状態による遅延、不具合などにより本サービスへのアクセスや登録・表示などができないことにより発生した損害、または起因して発生したすべての事象につきましては、原因の如何によらず一切の責任を負いかねますので、その旨ご了承の上ご利用ください。
・弊社側で不正と判断した場合は、賞品進呈の対象外とさせていただきます。
・本キャンペーン及びComee mag.へのご質問は、下記のFAQをご参照の上、お問い合わせください。

 

特集・インタビューカテゴリの最新記事