『ブラッククローバー』ラデス・スピーリトが転生魔法を解除することになるのでは!?

『ブラッククローバー』ラデス・スピーリトが転生魔法を解除することになるのでは!?
     

ごらくライブラリ(https://goraku-library.net)という、サブカル中心の雑記系ブログを運営しております。
記事を読んでくれた方に、作品の知識を深めてもらい、より楽しめるようになれるような記事を書いていきます!

   

『ブラッククローバー』を読んで最も衝撃的だったシーンは? と言われるとコミックス16巻収録のページ149にて起こった、転生魔法の発動の瞬間を連想する方も多いのではないでしょうか。

転生魔法とは、クローバー王国への復讐を計画するテロ組織・「白夜の魔眼」の当主で光魔法の使い手のリヒトパトリ)が魔石を全て集めて発動した禁術魔法であり、その効果は人間の王族に殺されてしまった彼の仲間「エルフ族」の魂を、人間の身体に憑依させるというものです。

それによって魔法騎士団の団長であるリル・ボワモルティエシャーロット・ローズレイなど、多くの優秀な魔法騎士がエルフ族に体を乗っ取られる事になってしまった為、クローバー王国は滅亡の危機に瀕することになってしまいました。

現在のところ転生魔法を解除する手段は、本作の主人公であるアスタが白夜の魔眼のアジトで入手した、魔法の効果の結果そのものを奪い取る剣で転生魔法にかかった人間を攻撃すること以外見つかっておりません。

しかし僕は白夜の魔眼のメンバーだったラデス・スピーリトにも転生魔法を解除する手段があると考えたので、その理由を解説していきますね。

ラデス・スピーリトとは

テロ組織・「白夜の魔眼」の一員として初登場した人物であり、人間の亡骸を自由に操作することができる屍霊魔法を使用して戦います。
屍霊魔法によって生み出された屍霊は、生前に使用していた魔法も使用可能であり、初めてアスタと初めて戦った時には防御魔法に優れた屍霊を使うことでアスタを窮地に追いやりました。

ラデスは「黒の暴牛」のアジトから魔石を奪取した後に、膨大な魔力を必要とする転生魔法を発動させるための生贄として殺されてしまいます。
その時にリヒト(パトリ)に仲間だと思われていなかったことを知りました。

そのことに深く絶望したラデスは、死に際に死者の魂を肉体に定着させる真の屍霊魔法を習得し、自身の命と同時に生贄に捧げられたヴァルトスサリーの命を蘇らせて、3人でリヒト(パトリ)に復讐することを誓います。

ラデス・スピーリトが転生魔法を解除できると思う理由

現在のところ転生魔法を解除できるのはアスタしかいなく、ラデスが解除できるはずがないだろうと思う人も多いはずです。

今からラデスについての情報をまとめながら、彼が転生魔法を解除する可能性について考察していこうと思います。

ラデスの行動目的はリヒト(パトリ)に復讐すること

ラデスは自分を裏切ったリヒト(パトリ)に対して強い恨みを持っています。
コミックス18巻にて、ラデスは偶然出会ったアスタたち黒の暴牛のメンバーと共にエルフ族が暴れている王都に向かうものの、アスタに協力する気はなくあくまで復讐のためです。

リヒト(パトリ)自身も転生魔法が発動したことにより、魔力があがり強力になっております。
そのような状態のリヒト(パトリ)とラデスが戦ってもラデスが勝利を収めるとは思えません。

しかし、ラデスのリヒト(パトリ )への恨みは強く、彼に復讐をする為ならどんなことでもするはずです。

リヒト(パトリ )は転生魔法を発動させる為に、自身と肉体を共有している「金色の夜明け」団長・ウィリアム・ヴァンジャンスを通じて情報収集を行うなど念入りに準備をしておりました。
ラデスはリヒト(パトリ )への復讐として、リヒト(パトリ )が念入りに準備して発動した転生魔法を解除する可能性も十分考えられます。

ラデスが屍霊魔法を使い、魔法帝・ユリウス・ノヴァクロノを蘇らせるのでは?

ラデスが屍霊魔法を使い、転生魔法を解除する為にリヒト(パトリ)との戦闘で死亡してしまったユリウス・ノヴァクロノを蘇らせることになると思います。

ユリウスは人間から時間を奪うことで、自身の周りの時間を操作することができるようになる「時間魔法」という特殊な魔法が使用可能です。
彼はリヒト(パトリ)との戦闘にて死亡する前に自身の持つ魔力と時間を全て使い、時間反転魔法・”クロノ アナスタシス”という魔法を発動し、リヒト(パトリ)が放った光魔法・”審判の矢”というクローバー王国全土を覆う大規模な攻撃魔法を無効化しています。

ラデスが屍霊魔法を使いユリウスを、”クロノ アナスタシス”のような巨大規模の時間魔法を発動させることにより、エルフ化した人物の時間を戻して転生魔法の発動をなかったことにすると考えました。

ラデスが真の屍霊魔法にてヴァルトスとサリーを蘇らせた時に「運が良かったな゙ァ…オマエらもギリギリ間に合った…」と語っておりました。
このことから真の屍霊魔法は対象人物が亡くなった直後ではないと発動できないということが分かります。

ユリウスは死亡してからかなりの時間が経過している為、ラデスが真の屍霊魔法を使っても蘇生させるのは不可能だと思います。
ですのでラデスはユリウスの死体に通常の屍霊魔法を使い、アスタたちと戦った時のように死体を傀儡化させる事で、大規模な時間魔法を発動すると考えました。

ヤミ・スケヒロを始めとした転生魔法にかかっていない魔法騎士団の団長たちは、ユリウスの意志を引き継ぎ、クローバー王国を守ろうと力を尽くしております。
転生魔法を解きクローバー王国を守れる手段があるのであれば、ユリウスの死体に屍霊魔法をかけるのを阻止することはないはずです。

サリーの開発した魔法道具の力を借りて魔力を高める

大規模な時間魔法を発動させるには膨大な量の時間と魔力が必要でしたね。
復活したばかりのラデスには膨大な量の時間と魔力を集めるのは難しいと思います。

そこで重要になってくるのは、ラデスと同じく白夜の魔眼に所属していたマッドサイエンティストのサリーです。
彼女は魔力を高める薬やアイテムを使いながら戦い、アスタたちを苦しめていきました。

サリーはラデスは同じく白夜の魔眼のメンバーだった人間同士であるので、ラデスの屍霊魔法を高めるアイテムを所持していたとしてもおかしくありません。
彼女の開発したアイテムによりユリウスを屍霊化したラデスは、少ない魔力と時間からでも大規模な時間魔法を使用することができるようになるはず。

僕はラデスが屍霊魔法を使いユリウスを蘇らせた後、サリーの開発した魔法道具を使うことで魔力を高め、広範囲の時間魔法を発動してエルフ化した魔法騎士の時間を戻すことで転生魔法を解除することになるのではないかと考えました。

まとめ

今回はラデスが屍霊魔法を使いユリウスを屍霊化することで、ユリウスの持つ時間を巻き戻す能力を使い、転生魔法を解除する可能性があるという考察をしていきました。
いかがでしたか。

ラデスと彼の使う真の屍霊魔法によって蘇ったヴァルトスとサリーはこれからの展開を握るような人物となってくるはずです。
3人とも昔は敵対していましたが、仲間になった現在ではとても心強く感じますね。

 

魔法がすべての、とある世界――。生まれながらに魔法が使えない少年アスタは、己の力を証明するため、そして友との約束を果たすために、魔道士の頂点“魔法帝”を目指す! 少年魔法ファンタジー、ここに開幕!!

引用元:Comee.net

 

↓試し読みができるサービス↓

ブラッククローバーを全話無料で見るには

 

 

ブラッククローバーのアニメはU-NEXTで全話無料で見ることができます!

今なら31日間無料アニメが見放題!さらに、漫画は全巻揃っているのでまだ見たことがない方や、全話もう一度見直したい方におすすめです^^

ちなみにU-NEXTは人気アニメも含め、見放題動画が9万本配信されていて、漫画やラノベも35万冊以上のラインアップです!

ブラッククローバーはAmazon Primeでは扱っていないので、ブラッククローバーを見るならU-NEXTがオススメです。

U-NEXTはこちら

考察してみたカテゴリの最新記事