独特な世界観が魅力のダークファンタジー漫画『D.Gray-man』

独特な世界観が魅力のダークファンタジー漫画『D.Gray-man』
     

漫画や映画、アニメなどの物語を幅広く鑑賞。
物語感想サイト『物語る亀』(http://blog.monogatarukame.net)を運営中。
サイトでは映画を中心に記事を書いています。

   

『ジャンプSQ.RISE』で連載中の『D.Gray-man』。
元々は『週刊少年ジャンプ』で連載開始した作品ですが、たびたび別の雑誌へと移籍しています。

本作は移籍と休載が多いため手を出しにくいと思っている方も少なくないと思います。

独特な世界観が魅力で、ダークファンタジーが好きな方なら特に楽しめる作品です。本作の魅力を紹介します!

あらすじ

主人公のアレン・ウォーカーは、”AKUMA(アクマ)”を破壊するエクソシストの一人です。

AKUMAとは、千年伯爵(せんねんはくしゃく)と名乗る人物が製造した自律型の殺人兵器のこと。
通常の銃など現代兵器で倒すことは不可能で、”イノセンス”という不思議な力を帯びた物質によって構成された”対アクマ武器”を用いなければ破壊できません。

エクソシストは対アクマ武器を用いてAKUMAと戦い、AKUMAの製造者である千年伯爵を倒すことが目的です。
アレンは他のエクソシストたちと一緒に、千年伯爵を倒すため戦うことになります。

悲劇から造られた殺人兵器・”AKUMA(アクマ)”の設定が斬新

AKUMAは千年伯爵が造りだした殺人兵器であるため、一般人を無差別に襲います。
AKUMAはただの殺人兵器ではないというのが本作のポイント。

AKUMAの誕生は悲劇から始まります。親しい人や愛した人を失って悲しんでいる人の前に千年伯爵が現れ、死者を生き返らせられると唆してきます。

しかし千年伯爵が呼び戻した死者の魂は、生き返らせることを願った人物を殺してその人の皮をかぶり、人間になりすましたAKUMAとなってしまいます。
千年伯爵は人の悲しみにつけ込んでAKUMAを造っており、AKUMAが人間を殺すたびに、また新たにAKUMAが造り出される悲劇を生んでいくという悪循環になっています。

AKUMAに囚われた魂は自分が人殺しをしている自覚があり、千年伯爵に絶対服従で人を殺し続けるもののAKUMA自身本当は解放されたいと願い苦しんでいます。

アレンたちが持つ対アクマ武器は、AKUMAを殺すための武器ではなく、AKUMAを破壊してAKUMAに囚われた魂を解放するための武器。
アレンはAKUMAに敵対心や恨みを持つのではなく、哀れみを持って魂を救済するつもりで戦っています。

AKUMAが自分を生き返らせた人間の皮を被ってなりすましているため、被害者もAKUMAの身近な人になりやすいです。
AKUMAがただの敵ではなく悲劇を連鎖していく悲しい存在だからこそドラマが生まれ、奥の深い物語となっています!

プロットが練り込まれていて初期から伏線が張られている

本作は物語の初期から「千年伯爵を倒す」という一貫した目的があり、綿密なプロットを立てて話を作っていると思います。

多くのキャラクターが登場しますが、そのキャラクターたちに様々な秘密や過去が存在し、物語の初期から伏線を張り巡らしているのが特徴。

コメディパートの軽いやりとりだと思っていた内容が、実はその後の展開の伏線が仕込まれていて、「あのときのやりとりはそういうことだったのか!」と驚かされることがあります。

この作品のすごいところは、伏線が回収されたときに、「あのシーンはこういう意味の伏線だった」とわかりやすく読者に教えるシーンがないところです。

「あれが伏線だったと後から気づいた人だけ気づいてね」というスタンスなんですよね。
そのため、意識していないと伏線だったと気づかないことも多く、後から読み返したときにようやく伏線だと気づくことがあるくらいです。

伏線の張り方が巧妙で、初期からしっかりと話が練られているのだと感じます。
もちろん作中ではっきりと謎として提示したり、キャラクターに何かしらの秘密があることを示すシーンなどもあるため、この先の展開を想像してわくわくさせられますよ!

休載の多さと、それによる作画の変化に注意

本作の注意点は休載が多いこと。コミックスの刊行ペースは一年に一冊くらいのペースのため、続きが出るのが待ち遠しいですが我慢が必要です。

また、長期休載することもたびたびあり、休載明けは絵柄が今までと大きく変わることがあります。
画力の高い作品なのですが、絵柄の変化は慣れるまで違和感を覚える方もいると思いますので注意です。

まとめ

休載することがやや多い作品ではありますが、それでも根強いファンがたくさんいるのが人気の証ですね!

ダークファンタジー漫画として独特の世界観を築いている作品ですので、好きな方はとことんハマると思います!
是非手にとってみてください。

 


AKUMAとは『機械』と『魂』と『悲劇』を材料に造(う)まれる悲しき悪性兵器。そのAKUMAを製造し世界の終焉を目論む「千年伯爵」に対抗するため、神の十字架を左手に持つエクソシスト・アレンの戦いが始まる!!

引用元:Comee.net

オススメ紹介カテゴリの最新記事